カテゴリ:アレクサンダーテクニーク( 57 )

 

今年も

c0167359_23072185.jpg
今年も兵庫県立西宮高等学校に行ってきました。

アレクサンダーテクニークの講座をするためです。

この高校は普通科と音楽科があって
音楽科が40人。

そこへ、アレクサンダーテクニーク教師
4人で行って、10人ずつ受け持つ、
というやり方です。

大先輩の茅原先生が
笑いいっぱいの導入講座を全員でやり、
あとは各10人ずつに分かれて
ハンズオンを実際にやっていきます。

私はピアノ科6名
作曲科2名
マリンバ1名
打楽器1名
を受け持ちました。

ここだけの話
去年よりずっと真剣に取り組んで
私語もなく
その分集中し、
かなりのことができました。

自宅レッスン返上で
行った甲斐がありました。

積極的に質問があったり
うまくできたりするというよりむしろ
アレクサンダーテクニークを
真剣に会得して
演奏に活かしやろうという
静かな意気込みが感じられ
とても嬉しかったです。

音楽科の先生がアレクサンダーテクニークの
経験者で、実体験を話してくれていて
より興味をより持ってくれたようです。

全3回の講座なので
あと2回。
さらに発展したワークで
将来的にも興味を持ち続けてもらいたいと
考えています。











★★★

[PR]

by pokapokatempo | 2018-09-12 23:15 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

エクスチェンジ会(浜芦屋スタジオにて)

c0167359_22341981.jpg

月に一度同僚たちとアレクサンダーテクニークの
エクスチェンジ会をやっています。

今日の話題は
ワークショップをどうすすめるか

規模によって、また
テーマによって
さまざまなアプローチがありうると思いますが
メグメグ(左)は一般向けを小規模で
やるのをずっと続けていて、その進捗などを
きいて意見交換しています。

右の恭子さんは普段は東京にいて
いろんな、基本的には東京スタジオの
同僚とワークショップを開催。
最近のは
親子ペアのと
ストレスとどう向き合うか、
の二つのテーマで開催。
c0167359_22404698.jpg
真剣にきいているが

・・・

c0167359_22405006.jpg
 なんでそうなるの!?
なんていって笑っているところ。


アレクサンダーテクニークの基本はチェアワーク。

なのでエクスチェンジ会でも半分近くがチェアワークで、
プラス、最近実験してみたこととか
だれかがやっていて効果がありそうなワークとか
これ、どう思う?わかる?
なんていうことをやっていくうちに、4,5時間はすぐたちます。

チェアワークにそのひとの傾向がでます。
トレーナーと共に
自分の中、外、いろいろな関係、心境
トータルに、落ち着いて、フラットに、眺められるようになるまで
相当時間がかかります。

ここをじっくりやらないと
見せかけだけのワークになり
それはアレクサンダーテクニークではない、ということです。

                          


c0167359_22334838.jpg
さて、明日、コンサートにいってきます。

70歳の記念に演奏会。

素晴らしいですね。

ものすごくいい思い出になりますし
よい経験になりますし
技術の向上にもなります。

楽しみにしています!



[PR]

by pokapokatempo | 2018-05-19 22:58 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

アレクサンダーテクニークワークショップ(4/29)

c0167359_22453078.jpg

4/29のアレクサンダーテクニーク・ワークショップ
無事終了しました。

参加者の方々が協力的、かつ好意的で
私にもとても良い影響がありました。

c0167359_22454000.jpg
プロの方含め、ギターの愛好家
やはり上級に近い方々の
よりよくギターと接していこう
という気持ちが
ひしひしと伝わってきました。
c0167359_22453595.jpg

敦子さんのサポートが素晴らしく
何度も助けてもらいました。

皆さんに感謝します!

今日みんなでやったこと、
是非おうちでの練習時も
日常でも
繰り返してやってみてください。

整体やストレッチにいくと
身体はほぐされて
良い状態になるかもしれません。
しかしすぐに元に戻るのは
<からだの使い方>
は前と同じままだから
なのです。

ほぐされてよい状態に
なったなら
そこから新しい方法で
身体を使わないと
しばらくしたら同じ症状になります。
考えたらあたりまえのことかもしれませんね。

アレクサンダーテクニークは
新しい、いままでの自分の使い方とは
違う使い方を学ぶトレーニングです。
カルチャーセンターではおそらく
学べないことを
私たちと一緒に
是非学んで行ってください。

寿命が延びて
これから長い人生
凝っては揉みの繰り返しで終わるより
使い方をちゃんと会得して 
元気に生きたいと思います。

もちろんギターも思い通りに弾く!!

これが私の<エンド>です



[PR]

by pokapokatempo | 2018-04-29 22:57 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

エクスチェンジ会(清水丘ギター教室にて)

c0167359_22032257.jpg
c0167359_22031913.jpg
エクスチェンジ会といって一か月に一回同僚と
集まってアレクサンダーテクニークのハンズオンの
効果についてアイデアを試したり
実際にボディ(被験者)になってもらって意見を交換したり
しています。

いつもは浜芦屋のスタジオでやりますが
あさってのワークショップのために
うちでギターを実際に持ったりしながら
ギターを弾かない二人にも
アイデアを出してもらいました。

弾かない人からの先入観のないアイデアは
とても良い刺激になります。

私もアレクサンダーテクニークのレッスンを
受けに行った動機として
<ギター以外の先生になにか意見をききたい>
と思ったから、というのもひとつあります。

ギターは難しいからどうしても
細かい技術のことが多くなってしまいます。
それだと小手先のことに終始してしまいやすい。
 
<小手先ではなく身体全体で弾く>
ということに憧れています。

ワークショップで下地になっている考えです。

いろいろやってみたいことができました。
しかし盛り込みすぎないようにと自分で警告しています。

参加するかたも
何かひとつ、ふたつ、くらい
心に残るような事柄を
持って帰ってしばらくやってみる
というのがいいと思っています。

では
29日楽しみにしております!!





[PR]

by pokapokatempo | 2018-04-27 22:13 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

弦楽器奏者のためのアレクサンダーテクニークワークショップ

c0167359_17194082.png

 ■2018年4月29日(祝)13:30~16:30 阿倍野学習センタースタジオ


弦楽器奏者のためのアレクサンダーテクニーク ワークショップ 
を開催します。
同僚の井上敦子さん(優秀なヴァイオリニストでもあります!)とご一緒します。

参加希望の方はまずはメールで仮予約してください。要項をお送りします。

東京でのワークショップ体験を改良して、今回は3時間のワークショップにしました。

よし先生の6時間のに参加してみたり、ポストグラデュエイトで体験してきたことなどから
今回は3時間というボリュームでやってみよう、
と自然と湧いてきたので、きっと充実できると思います。

ヴァイオリン属と一緒にやることのメリットも意識しています。

ゴールデンウイークの初日。

だらだらのんびりの休暇もいいですが
時間を大切にするあなたは
自分への投資を惜しまないと思います。

参加者多数の場合は翌日個人レッスンも計画しています。

最初はグループより個人レッスンの方がいいな、
と思う方は一度お尋ねくださいね。

フレキシブルに対応致します。

自分を発見する連休にしましょう!

pokapokatempo@yahoo.co.jp
までお気軽に!


[PR]

by pokapokatempo | 2018-02-26 17:32 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

ピーター・リボー氏のワークショップ

c0167359_21551908.jpg
ピーターのワークショップに行ってきました。
氏は私の6学期目と9学期目のモデレーター(試験官のようなもの)
で、レッスンも在学中に3週分くらいは受けています。
なによりサブディレクターのよし先生の先生ですから
影響力があります。

図らずもかねてからお会いしたかった片桐ユズル氏が今回、
通訳をかってでていただいて
私としてはとてもラッキーだったと思います。

氏の無駄のない通訳で、ワークショップは暖かいムードで進みました。
これは本日の集まりを記念して全員でパチリ。
唯一全員の目が開いている一枚です!

片桐氏のお仲間と、芦屋校関連の仲間。
c0167359_21552400.jpg
ヴァイオリン仲間だそうです。偶然らしいです。

c0167359_21552850.jpg
今回コーディネーターの愛さん(中央)。
内科医です。


c0167359_21553112.jpg
片桐氏はライダウン中。
ピーターはあまりライダウンはしないけど
本当に身体のことをよくわかってるなあといつも思います。

そして人格が滲み出るようなトーク。
内容も示唆も素晴らしく、
これぞトップの能力なのだと帰りに敦子さんとしきりに話し合いました。

我々、アレクサンダーテクニークってなんなのか
日々思案しているけど
そんなことを超えたところにピーターは
いるんだな、と。

人として、とアレクサンダーテクニークの技術がある、とが共存して初めて、本当にいいレッスンができるのだと感じました。

素晴らしいワークショップでした。




[PR]

by pokapokatempo | 2018-02-23 22:08 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

アレクサンダーテクニーク ポストグラデュエイト

c0167359_20501351.jpg

今年もバレンタインデーでたくさんチョコを配ろうと用意する娘。
なんだかんだ言って私も手伝わされる羽目に。
ブラウニーチョコ掛け、くまの型どりをしたビターチョコなど。昨日袋に小分けしていました。今は女の子同士の交換が主流です。

前後して芦屋でのポストグラデュエイトという催しで二日間トレーニングしてきました。今回は6人の同僚の中では忙しくてなかなか会えない潮さんが登場して久しぶりに会えてすごくうれしかったです。
しかしめぐめぐがインフルでダウン。
なので全員揃わなかったんですが、静岡、鹿児島、神奈川と遠いところ集まってくれて感無量。卒業アルバムを作っていたのでみんなに配りました。

私は特に腱鞘炎とジストニアについて自分で研究をしているのでそれを発表しました。同僚は整形外科医、作業療法士とがいますのでそれぞれの意見などを聴き、大変有益でした。音楽系の同僚も様々な症状などの情報を教えてくれました。

なってしまったものは寛解までじっくり待つ方がよいでしょう。
しかし、ならないのが一番で、今回の見解は、故障しやすい人には傾向がある、ということでした。私も経験ありますが本番が続くとやや危険だったりするし、プレッシャーの大きい本番も要注意です。
いまオリンピックがたけなわですが、故障なしにあそこまで上り詰めた人は少ないでしょう。しかし故障を武勇伝にしてはいけない。

アレクサンダーテクニークは故障の予防に有効です。
悪い習慣や、執着を取り去って、新しいよい習慣、体の使い方、を身につけるということです。痛みが取れても、使い方が変わらなければ再発しやすいですよね。

故障にスポットをあてたアレクサンダーテクニークのワークは私のライフワークでもあります。今後マイペースでですが研究していきたいです。

今回の催しはひとみ先生のワークが冴えて、全体にも非常に有意義でした。
さまざまなアプローチでハンズの向上や、思考の深まりを感じましたので改めてアレクサンダーテクニークの有効性を再確認しました。

ところで4/29 祝 に 阿倍野学習センタースタジオで3時間のワークショップをやります。今度は弦楽器奏者のためのワークショップです。参加費は4500円。
時間がまあまあありますので充実したものになると思います。
定員は8名です。先行予約を開始します。

このチャンスに一度アレクサンダーテクニークを経験してみてください。




[PR]

by pokapokatempo | 2018-02-14 21:10 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

アレクサンダーテクニーク ワークショップ for ギタリスト

c0167359_12284703.jpg
アレクサンダーテクニークワークショップ For ギタリスト
2018年1月8日東京・飯田橋にて開催しました。

募集人員ちょうどで行われて
進行で予定していたことがほぼ滞りなく
行われました。

松田 弦さんの参加でプロの演奏家とワークすることは、
私にとっても貴重な経験でした。
韓国からわざわざ来ていただいた方もおられて
次につながったらいいなと思います。

参加者全員から、またあれば来ますので
声を掛けてください、と言ってもらえました。
c0167359_12284059.jpg

c0167359_12285415.jpg
聴講の方々

c0167359_10115470.jpg

<今日の仕上げにはこういうことをしたい>
と私が話しているところです。

手前に見える赤いシャツの人が海津さん(作曲家)、
もっとも手前の黒いセーターの人が杉本さん(内科医)。
今回ワークショップを手伝ってくれた同僚です。
c0167359_12290065.jpg
c0167359_12290619.jpg

今回のテーマは
<私たちは意外に自分の身体のことがわかっていない>
<もう姿勢で迷わない>
でした。

普段意識していないところへ意識をやり、
自分はそれに対してどうしているのか
だからどうするのか、という選択。
思わずやっていないか?
なぜそうするのか?

日常から見直すことによって
演奏の瞬間瞬間まで見通すことができるようになる。
演奏の時、舞台の上だけで
それをやろうと思っても
できないのが人情です。

逆に普段からつぶさに自分を見ていく方が
普段の生活も洗練されてきて
一石二鳥。

アレクサンダーテクニークが
<わからない>という人は
そこに意識が行ってないだけで、
その努力をしていけばわかるはずです。

社会の規範でなく、単なる考え方の習慣ではなく、
<自分はどうしたいのか>
をもう一度見てもよいと思います。

c0167359_12291216.jpg
横浜に住むいとこの直子ちゃんが聴講で来てくれました。
嬉しいです。
彼女は内科医で、仕事のこと、家族のこと、いろいろ話すことができて。
本当に来てくれてありがとう!
また会いたいね、今度はUSJに行こう、と話して別れました。

たくさんの出会い、関東の同僚とのエクスチェンジ会、本当に勉強になりました。
これを糧にまた頑張っていきたいです。

よし先生のワークショップのことを次に書きます!




[PR]

by pokapokatempo | 2018-01-12 12:51 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

東京でのワークショップ盛況でした!

c0167359_22055365.jpg

 昨日帰阪しました!
東京でのワークショップ、なかなか盛況でしたよ!
ギタリストの松田 弦さんが来てくれて、おかげで盛り上がりました。

私自身はしっかり内容を練ったつもりでしたが、
聴講の方にもう少しだけわかりやすく説明が
できていたら100点だったのになあ、といったところ。

私がアレクサンダーテクニークを
はじめるきっかけとなった
横浜の井桁先生や、
いとこで小児科医の直子ちゃんなど
久しぶりに直接話せたりして
とても有意義でした。

写真は掲載の許可をまずは映っている人にとって
配慮しながら載せるつもりですが
取り急ぎ<無事帰ってきました!>
のお知らせです。

お楽しみに!




[PR]

by pokapokatempo | 2018-01-10 22:11 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

ハッピーバースデイー私!

c0167359_22271443.jpg

わーい
前から欲しかった脊柱部分のボーンモデルを買いました。二万円ちょい。

アレクサンダーテクニークの導入には
ボディマッピングが有効です。

でも口頭で説明するよりも
実際のサイズを実感した方がすぐわかります。

で、座骨と座面の関係や、
股関節って座面にはついてない、
等を具体的に知ってもらう、
などなど脊椎の状態、サイズから
いろいろ発見があります。

c0167359_22272009.jpg
腕部分もギタリストには特に重要で
これは最初に手に入れた肩甲骨~腕~手の部分
のボーンモデル。

これをああでもないこうでもないと
いじりまわして
私の誕生日は過ぎてゆきました。




[PR]

by pokapokatempo | 2017-12-29 22:33 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)