ピーター・リボー氏のワークショップ

c0167359_21551908.jpg
ピーターのワークショップに行ってきました。
氏は私の6学期目と9学期目のモデレーター(試験官のようなもの)
で、レッスンも在学中に3週分くらいは受けています。
なによりサブディレクターのよし先生の先生ですから
影響力があります。

図らずもかねてからお会いしたかった片桐ユズル氏が今回、
通訳をかってでていただいて
私としてはとてもラッキーだったと思います。

氏の無駄のない通訳で、ワークショップは暖かいムードで進みました。
これは本日の集まりを記念して全員でパチリ。
唯一全員の目が開いている一枚です!

片桐氏のお仲間と、芦屋校関連の仲間。
c0167359_21552400.jpg
ヴァイオリン仲間だそうです。偶然らしいです。

c0167359_21552850.jpg
今回コーディネーターの愛さん(中央)。
内科医です。


c0167359_21553112.jpg
片桐氏はライダウン中。
ピーターはあまりライダウンはしないけど
本当に身体のことをよくわかってるなあといつも思います。

そして人格が滲み出るようなトーク。
内容も示唆も素晴らしく、
これぞトップの能力なのだと帰りに敦子さんとしきりに話し合いました。

我々、アレクサンダーテクニークってなんなのか
日々思案しているけど
そんなことを超えたところにピーターは
いるんだな、と。

人として、とアレクサンダーテクニークの技術がある、とが共存して初めて、本当にいいレッスンができるのだと感じました。

素晴らしいワークショップでした。




[PR]

by pokapokatempo | 2018-02-23 22:08 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

<< 弦楽器奏者のためのアレクサンダ... アレクサンダーテクニーク ポス... >>