<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

fanaギター 残り2本です。

2013年にご紹介したFANAギター(プライベートブランド)、残り2本だそうです。
下の写真は松の楽器です。これらは売り切れました。
今残っている二本は杉で、表面版はもう少し濃い茶色です(市価24万円+税)。
音はむしろ杉の方がぱあっとでます(というのが杉の特徴ですよね)。
なぜ杉がいいかというと、このくらいの価格帯では松はコスト的に厳しくなる、ということです。

FANAギターを製作した工房の、松岡良治が亡くなって、息子さんが後継するはずだったらしいですが、経営を続けるのが難しく、工房が解散になったそうです。
ということでこのFANAギターは松岡良治の工房の最後の作品、ともいえそうです。

エントリーでいいのを作っていた松岡良治の工房ですが、そういう貴重なところがなくなるのはギター界には損失です。

この価格帯でギターを探している方はまずは試奏をお勧めします。
※事前にFANAに電話で確認してください。



c0167359_2022143.jpg

■参考写真

左がハウザーモデル(弦長65センチ)
右は同じくロマニモデル(弦長64センチ)




2012年には同じシリーズの12万円のを当ブログでご紹介しました。横、裏板が合板で弦長はともに64センチです。娘にも1本購入しました。こちらはもう在庫はありません。

一回サロンコンサートで使ってみましたがちょおっと無理しないと出ない音があり、しんどかった・・しかし12万円ですから、値段にしては十分な威力です。なかなかちゃんとしてますよ。





c0167359_2022227.jpg

24万ラインの糸巻
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-29 18:10 | つれづれ | Comments(0)  

河野ギター2種

c0167359_1724556.jpg

◆KOHNO 66万円


今日はFANAには、カルレバーロの教本を買いに行ったのですが、ついつい眺めると<ちょっと弾かして~>となります。

手当たり次第に弾いても印象がぼやけるだけなので、同じ銘柄で値段のランクが違うものを弾いてみました。

河野、66万円。これは今70万円に値上がりしたのですが、この個体に限り66万に据え置き、ということでしたのでお買い得です。

ああ、いいですね。とにかく高いレベルでいろいろなことをクリアしています。

<それで42万のを弾いて違いがわからんかったらどうする?>などと福永さんに冗談をいいながら・・・・。

c0167359_1725813.jpg

◆KOHNO42万円

たは~!
全然ちがいます。
24万円分((笑))!!

実感した差は20万くらいですけど。

もちろん42万円ですから全然悪くありませんよ。

いろいろクリアしています。バランスもよい。

ただ、音の厚みがないんですね。かわいらしい音ですが。

当然ですが材料に大きな差があるんです。

先に66万の方を弾いてしまったので可愛そうなことになってしまった。よしよし。いい子だ~。
サロンコンサートくらいで弾くには十分ですよ。それに42万円というラインは本来はなくて、たまたまできてきたらしいのでワケありなのかな?

40万くらいでさがしている人にはお薦めです。
アオミ先生のブログで見た!というと値引きしてくれると思います。

私もKOHNOを持っています。
今でも可愛がってますよ。コンディション良く、長く使える楽器です。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-29 18:10 | つれづれ | Comments(0)  

FUKUNAGA ギター とそのサイレント版

c0167359_17483751.jpg

◆FUKUNAGA 35万円


こちらはFANA大阪の店長さんである、福永氏の作品です。
近頃製作のほうにも力を入れられています。

c0167359_17484467.jpg


試奏させていただきました。

上善如水。

何もしてこない。好きなパターンです。 思わずそういうと福永さんも<演者の邪魔をしない、演者の持ち味を隠さない、そういう楽器をイメージしてます>とのことで、私の感想にずいぶん喜んでくれました。

こういう楽器は少ないです。なんでかって?その良さが分かる人は少ないから、ほいほいとは売れないんですね。

音量や、音質や、見かけ!?が優先順位上位になってしまう。色が白くってきれいだから・・とか。まさか!

・・・・まあ最後にはそれぞれの価値観ですから何とも言えませんが、個人的にはかなり好きな音作りでした。
ツウ向けかな。ちなみに材料は60万市価のと同等のを使っているそうです。


私も今年でギターを始めて40年。いろんな楽器を見て、いろんなとこで弾いてきました。
だから自分のギター眼(耳か?)には根拠のない自信があります。



c0167359_17485188.jpg


◆FUKUNAGA サイレントタイプ 5万円

さて最後にご紹介するのはFUKUNAGAサイレントギター。

本来とは逆に、<音がうるさいと困るんです>、というあるお客さんの注文で製作始めたとのこと。

最初、あれ?音がどっから聞こえてくるの?遠くから聞こえてくる感じ・・で体がそわそわ。

どういう仕組みかはわかりませんが、音が小さい。しかしちゃんと鳴っています(振動がある)。
だからヤマハのサイレントギターみたいにストレスは溜まらないんですね。

昨今の住宅事情に沿った製作ですが、なかなか面白い取り組みです。
そういう事情のある人は是非試し見てください。

家族にうるさがられている人とか・・(*^_^*)
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-29 18:07 | つれづれ | Comments(0)  

本(実践 アレクサンダー テクニーク A Skill for Life)

c0167359_18522163.jpg


Amazonに注文していた本がきました。
9月7日に発注して、26日に着いたのでなんか遅いなと思ったら、ほんとにフランスから送ってきたことがわかり、そうなら逆にまあまあ早かったかな、と思います。

切手の貼り方が・・。

わ~い。
中古品だけど、状態はよい、で本体も1000円+くらいだったので、ヨーロッパの友達に頼んだりするよりは良かったと思います。

ああ~英語よりフランス語のほうがよほどわかりやすいです。
ペドロが書いた本だから、というのもありますが・・(アレクサンダー自身の著作は英語で難解)。



c0167359_18573155.jpg


フランス語、英語、日本語、版です。

この本を水曜のリーディングの時間に読んで、ディスカッションしています。
私は1年次もこの本だったので、2回目ということもあり、アレクサンダーテクニーク自体の原則への理解もかなり深まったので、フランス語版と並行して読んで、語句や表現も一緒に勉強していきたいなと思っています。



c0167359_190306.jpg


著者のペドロ デ アルカンタラです。パリ在住。
チェリストでアレクサンダーテクニークの指導者でもあり、著書はズバッとわかりやすく、大変好評です。

実はこの本はしょっぱなはフランス語で出版されています。
彼自身はブラジル人で、エール大学の出身なので英語もできる。

賢い人なんでしょうね~。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-27 19:06 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

2015年のルーブル(京都市美術館)へ行く

c0167359_2151735.jpg


ルーブル展に行ってきました。
午前中健康診断に行ってから出かけたので会場に着いたのが3時過ぎ。



c0167359_2152583.jpg


入場だけで30分かかってしまいました。
観光客も含めて京都はすごい人でした。

いい絵もありましたが人人人で
ゆっくりは見られませんでした。

今回の目玉、みたいなのはありましたが・・。

もうちょっとじっくり見たかったなあ。
こないだのチューリヒの方がゆっくり見られた分印象に残っています。

絵を見ていろいろ考えたいところなんですが
コンベアで流されていく感じでした。



c0167359_2153415.jpg


川沿いに河原町まで歩くことにしました。




c0167359_218284.jpg


祇園や先斗町を少し見て歩きました。

夕飯はイタリアンで3800円のコースを食べましたが、
羊の焼いたのを久しぶりに食べて美味しかったです。
京野菜のグリル、デザートもなかなか。
生パスタでこれも美味しかったです。



c0167359_2182246.jpg


なんとかというカフェと雑貨屋のお店ですが
娘が<千尋に出てくる階段みたい>というので
おお。本当だな、というわけでパチリ。

お土産屋をひやかしたりして楽しい遠足でした。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-22 21:07 | Comments(0)  

マドレ /  佐藤正美


c0167359_21353083.png



♪ マドレ


ギタリストで作曲家の佐藤正美さんが2015年7月30日に逝去されたという記事が現代ギターの9月号に掲載されていました。63歳。閉塞性呼吸器不全のため療養中だったそうです。

もう20年以上前になりますが、<心からギターがうまくなりたいと思うなら、本当にそう思うだけ練習し、勉強しろ。>とまだ駆け出しの私に言ってくれたのをありありと思いだします。

その一言がずっとどこかに響いていましたよ、正美さん。

ありがとうございます。


普段この<マドレ>を時々思い出したように弾いています。

いつまでも忘れない一曲です。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-16 21:15 | つれづれ | Comments(0)  

ミスドあかんやん

c0167359_18504629.jpg


9月ですね。

8月の最後の日、お休みだったので堺プラットプラットに買い物に行きました。
お腹が空いたのでこの秋の新しいドーナツをミスドで買ってコーヒーと一緒にいただきま~す。

でチョコ掛けとマロンクリーム掛けとあるんですけど、
チョコ掛けはあかん。

栗の味がほとんどしいひん(T_T)

あかんやん。


こないだのニューヨークのクロワッサン風のんはヒットやったのに。

気を取り直してマロンクリーム掛けをさっき食べましたけど
こっちの方がだいぶ栗の味します。

みなさんも買うのならばマロンクリーム掛けをお勧めします。
中身は一緒のクリーム(栗風味)です。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-01 18:55 | つれづれ | Comments(0)