「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

年度末のプレゼンテーションテーマに悩む

c0167359_18144249.jpg


机がぐちゃぐちゃなように頭の中もぐちゃぐちゃしています。

アレクサンダーテクニークのトレーニング、1年生もいよいよ終わりに近づいてきました。年度始まりは9月(実際は8月の最終週から)、終わりは6月(実際は7月の半ばころ)ですが、年度末にはひとりずつ、一年間で気が付いたこと、学んだことなどを中心に、みんなの前でプレゼンテーションしなくてはなりません。あ~~~なにしょ~なにしょ~と思っている間にあと1か月。

最初<座る>ということについていろいろ考えて少しパワーポイントで下書きしていましたが、頓挫。

やっぱり発生学から少しずつ人類などの歴史をたどりながら、気が付いたことを関連付けて発表しよう!

う~~

いやいや、日頃から気にしている<芸術とはなにか>とかいう大きなテーマに取り組もう、

あ”~

実は写真の芸術論ノート、という本はとても若いころに松本吉夫先生が紹介してくださった本で、(友人のピアノの調律師の方からきいたのだったかもしれませんが)とにかく手に入れて読んでみた、というしろものです。

おそろしく難しかった。最初諦めて、しばらくして一回だけ真剣に最後まで読んであります。
線引いてます。

今読み返してみたら、なんと、まあまあわかるではありませんか。

線もなかなかうがったところにひいています。

がんばったなあ私・・・(あほちゃうと娘にいわれそう)

c0167359_1815077.png


さて、永井 潔とはどんな人なのか、今は<検索>したら結構わかります。

画家で、著作もいくつかあります。2008年に92才で亡くなられています。

ほんでこれ。

おお~~、この本もっとったで!!しかも好きなやつやった。

知らない間にこの人の絵に触れていたんですねえ。

他には以下の2枚など。

とても好きなタイプの絵です。
参考にアップしますが問題感じればすぐに削除します。
純粋に紹介したい気持ちだけです。

c0167359_18151698.png
c0167359_181532100.png


んで、めちゃ横道にそれてツムツムやって今日は閉店ガラガラ。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-06-11 18:37 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

松本先生のコンサート

c0167359_11571161.jpg


松本先生のコンサートに行ってきました。

会場は大阪城近くの日本福音ルーテル大阪教会で、多くのお客様で満席でした。

ラ ネージュを弾いてくださり、感激しました。
自分以外の人の公共での演奏を始めてききましたし、
当然テクニックは完璧ですからいろいろなことが勉強になりました。

それぞれが素晴らしかったけれど
アルベニスのタンゴ、バッハのシャコンヌと、段々充実していく様は
鼻水と涙で大変でした。

午前中、アレクサンダーテクニークのトレーニングで、<Non Doing>という概念について大きくステップアップしたように感じましたが(トレーニング開始から500時間くらい経過しています)、
松本先生のチラシにある<りすたあと>という表現がたまたま私にも違う意味であてはまり、
赤福の欄でちょっと引用させていただきましたが、<赤心>ということばにも通じているような気がして、
音楽やギターの素晴らしさと、さらに取組み方、人生に向き合う姿勢として、本当に師匠として尊敬できる方に、ギターを習うことができて私は幸運だなと思いました。

(元の意味はこの日は先生の還暦のお誕生日その日であり、先生ご自身ももう一度新たな気持ちでギターに取り組むという気持ちを表現されたことのようでした。)

どこまでも謙虚な松本先生。
心の師としてもこれからもよろしくお願いします。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-06-08 12:19 | つれづれ | Comments(0)  

本日のケーキ(マンゴーのレアチーズケーキ)

c0167359_9104728.jpg


晴天と約30度の気温。TATAに到着するとおかみさんがうっすらエアコンを入れていてくれました。

お湯をわかしたり、お茶周りの用意、そしてこの本日のケーキ、マンゴーのレアチーズケーキを人数分、わざわざクーラーボックスに入れておいてありました。感謝。
見ているだけでもフレッシュ感のある爽やかなデザートです。


c0167359_9111196.jpg


TATAの入り口近くのオリーブ。
花が咲いています。
私にとってオリーブは小豆島の思い出。
いろんな冒険や海や従兄弟たちの顔が一気に浮かんできます。
この小さな花はポップコーンみたいだなといつも思っていました。


c0167359_9111961.jpg


のんびりと

ほんと、この文字をみているとのんびりします。
活字ではこうはいかないですね。絵もおおらかです。

c0167359_9113183.jpg


お父さんのレッスンについてきた年長さんの女の子は、このマンゴーのデザートは苦手なようでした。
大人の味だったかな?南国のフレッシュさが珍しすぎたのでしょうか。
小さい子ってそういうところがありますね。

お父さんがレッスン後にペロリ。うまい。

わたしもすべてのレッスンが終わって有終の美。
マンゴーはさっぱり、レアチーズはこってりしたところもあってバランス最高です。
空は限りなく青く。帰りの電車では<月と六ペンス>を読み終えました。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-06-02 09:22 | TATAのケーキ紹介 | Comments(0)