<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

こんな日が

c0167359_2119958.jpg


今日は30度を超す地域もありましたが、あんまり気持ちがいいのでベランダで一杯。
午前中アレクサンダーテクニークのトレーニングに行って、銀行や郵便局、買い物などひととおりの用事を済ませ、休憩しようかと思ったとき<そうそうベランダで本でも読もっ>てなことに。


c0167359_211917100.jpg


エビ風味のせんべいに飽きたので<満月ポン>に変更。

サマセット・モームの<月と六ペンス>

高尚な内容ではないけどなんか昔からこの本が好きで、というのも読むとなんか嬉しくなってくるからで。
これと今朝日新聞で連載中の漱石の<こころ>をいつもそばに置いてます。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-05-28 21:26 | つれづれ | Comments(0)  

赤福がんばれ

c0167359_16251362.jpg


赤福好きです。
なんせ小さいころから食べつけていますし、
天王寺までいったら売店に積んである。

古い話ですが留学中は赤福食べたくてたまりませんでした。
コンコルドにとらやがあるからそこで3~4倍もする和菓子を買ったけど、
本当は赤福の方が食べたかったなあ。

あのこしあんが最高。

赤福さんがお家騒動という記事を見ましたが
やっぱりお伊勢さんにあやかって万事おさまり、美味しい赤福を提供してもらいたいです。

以下引用させていただきました。

 益嗣氏らは多くを語らないため、お家騒動は憶測が憶測を呼ぶ事態に発展している。少なくとも、親子間のクーデターともいえる今回の泥沼人事で、赤福のイメージダウンは避けられない情勢だ。

 「赤心慶福(せきしんけいふく)」。赤福の社是で、人を憎んだり、ねたんだりという悪い心を伊勢神宮内宮の神域を流れる五十鈴川の水に流すと、子供のような素直な心(赤心)になり、他人の幸福を自分のことのように喜んであげられる-という意味だ。果たして赤福は、赤心を取り戻すことはできるのか。(服部保之、絹田信幸、中村智隆)


なにがあっても赤福のファンやで!がんばって!!
[PR]

by pokapokatempo | 2014-05-20 16:30 | つれづれ | Comments(0)  

小2のおふたりは

c0167359_18211974.jpg


春から小学2年生のお友達同士のお二人がレッスンに来ています。
一人がレッスンしている間にはお絵かきや宿題を隣の部屋でやっていてもらいます。

今日はギター

の絵をかいてね、というと
このとおり(*^_^*)


c0167359_18212945.jpg


弦は何本かな?
まるいあなはどこにあるかな?

というのがテーマでしたが、
可愛くかけていますね。

この人たちはとにかくよく笑い、賑やかです。
ゆっくり上手になってもらいたいですね。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-05-19 18:25 | つれづれ | Comments(0)  

芸文大ホールで

c0167359_21251973.jpg

西宮北口の芸文大ホールでコントラバスのコンサートを聴いてきました。
アレクサンダーテクニークのトレーニーの敦子さんにお誘いいただきました。幣氏は敦子さんの高校の先輩にあたるんだそうです。

500円でこんな素晴らしいホールで素晴らしい演奏を聴けるなんて。

コントラバスのソロは珍しいです。
無伴奏もありました。フィンランドの作曲家の作品で、なかなか興味深いものでした。

c0167359_2128657.jpg


舞台はこんな感じ。
大ホールなので規模がおっきいです。4階まであります。オペラも催されているようです。

c0167359_21281378.jpg

震災復興のシンボルとしても気合の入った施設だそうです。
日をあけずにさまざまなコンサートが行われています。

お客様もたくさん来られていて文化の力を感じました。

小ホールでは5月15日に福田進一、17日に大萩康司のソロ・リサイタルがあるそうですよ。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-05-09 21:34 | つれづれ | Comments(0)  

第26回ミニ発表会無事終わりました

c0167359_22143579.jpg


2014年5月5日第26回ミニ発表会を開催しました。
あいにくの雨模様でしたが、みなさんご自分のギターと泡の出る飲み物を持って元気にきてくださいました。

c0167359_22144137.jpg


Yさんだけコメントの用紙を渡しそびれてしまったのでここで。
すっきりと弾けていました。ミスもほとんどなくいつもの練習のように弾けていたのではないでしょうか。私は背面のスペースで聴いていましたが、歌とギターのバランスよく、好感のもてる演奏でした。


c0167359_221449100.jpg


c0167359_22145792.jpg


c0167359_2215528.jpg


c0167359_22151176.jpg


c0167359_22152411.jpg


c0167359_221643.jpg


c0167359_22161440.jpg


今回は参加が少し少な目だったんですが、ひとつの会のボリュームとしてはなかなかバランスよくいい感じできけました。
完成度の高い演奏多くて嬉しいです。会をやる<甲斐>があるというものです。

次回は暗譜で弾こう、などという同盟を数名で組んでいました。初めての参加の人にはいろいろ条件をマイルドにしますが、レギュラーの方々、暗譜で、という条件つけましょうか。お互いの励みの為に。

私は最近練習していたサウダードの3番を弾きました。今まであまり興味のなかった曲で、レッスンはしていましたが自分では弾かないだろうなあという位置づけだったんですが、アレクサンダーテクニークのレッスンに通っていると、なんだか今までやらなかった曲をやってみよう!という気になり、チャレンジしてみました。

Fete のあの部分ね、やっぱりくちゃくちゃになりましたけど、次回は決めますぞ。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-05-05 22:31 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)