<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

カルレバーロの講座

c0167359_11494269.jpg
2013年5月19日、守口で開催されたカルレバーロ講座に参加してきました。

c0167359_11495368.jpg

参加申し込みをしたあとで分かったのですが、講師の谷辺氏は私と同じアウセル門下でした。というわけで過去に習ったことを確認し、自分で足りなかったことや忘れかけていることなどを確認するという感じになりました。これは手のひらの真ん中にむかってまとまりをかんじるとか、響きをサウンドホールから掴み取る感じで、というイメージをお話されているところです。これは初めてききましたのでアウセルなのか、谷辺氏なのかアイデアのでどころはわかりません。

c0167359_11502612.jpg
谷辺氏は背が高くて(アウセルと同じくらい)ギターと体の比率やおさまりが、ほんとうにアウセルそっくりで懐かしかったです・・というのも変ですが、つまり音作りや弾き方がにているのでアウセルを彷彿とさせるということです。この写真では足台にさらにダイナレットを使用されていますね。
右肘のところにパッドのようなものを装着されていました。商品化するように現代ギター社と折衝中だそうです。右腕が滞りなく位置替えができるという補助具です。

c0167359_11504182.jpg

3時間もグループレッスンでどうなるかと思いましたが、講師が項目を説明したあと10名をひとまわりして各自を見て手直し、的な感じで進みましたので3時間はあっというまでした。

カルレバーロ本人からレッスンを受けているのは日本人でjは高田元太郎さんだけですので、今回のカルレバーロは<カルレバーロ→アウセル→谷辺氏>という流れをもっています。こうなると伝言ゲームではないですが、本質がどこにあるかがわかりにくくなってきますよね。これはどんなジャンルにも言えることで、伝える側は細心の注意と先見性や、事柄をかみ砕いてわかりやすく、正しく伝えていくということが必要です。ここが難しいところです。

ギターのポジション、構え方など、どうしても<型から入る>ということになりがちですが受け手の方もできるだけ本質を見抜いて行かないといけません。型から入ってもその型にはまらず柔軟なアイデアで進めていきたいものです。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-05-23 12:07 | つれづれ | Comments(0)  

ヒロシです・・。

c0167359_1253737.jpg
ヒロシです・・。アオミ先生にTATAでレッスンを受けとるとです。今日はソルのメヌエットを弾いたとです。なかなかイケてると思うとるのですがアオミ先生は冒頭の和音を何度もやらせるとです・・。疲れました・・。

c0167359_1254818.jpg

レッスンが終わったら<コーヒーのみな、自分で>と言われてコーヒーを淹れとるとですが、家ではインスタントしかつくったことなかとです。個包装のドリップ式のは加減がわからんとです・・・。溢れとるとです。

c0167359_1255884.jpg
ティッシュでふくとです。アオミ先生は横でケラケラ笑うとるとですが、自分はコンビニの手巻き寿司ののりがうまく巻けんとです。のりが割れてばらばらになっとるとです。人のことは笑えんとです。

c0167359_126784.jpg

紙コップがこんなになったとです。
ギターの方が簡単だと思います。

c0167359_1261571.jpg


ちなみに本日のケーキは<アップルクーヘン>です・・。おいしそうです。僕は焼いた果物が食べれんとです・・・。

ヒロシです・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-05-14 12:17 | TATAのケーキ紹介 | Comments(2)  

カルレバーロ奏法の講座(谷辺昌央氏による)

c0167359_1474899.jpg

カルレバーロ奏法について他の先生はどう考えているのか知りたくてこの講座に参加予約をしました。10時から3時間とありますが一応問い合わせてみたところグループレッスンということでした。どんな構成になっているのかわかりませんがとにかく参加してみます。一緒に行きませんか?終了後は昼食とりながら意見交換などできればいいなと思います。レベルはまったく問いません。

私は留学中にアウセルから2年間習ったきり(2巻、3巻)、あとは(4巻)自分で教本を見ながら試したりして試行錯誤しています。アレクサンダーテクニークのアイデアでわかりにくいところを補充していけばなかなかのツワモノツールになるのではないか、と考えています。

c0167359_1475580.jpg

本当は演奏もききたいけどレッスンあるんで残念ながらまたの機会に。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-05-09 14:12 | 今後のスケジュール | Comments(0)  

大仙公園に行きました

c0167359_1212763.jpg

連休に大仙公園に行きました。児童公園ではめずらしく紙芝居。
お父さんもお母さんもみんなたくさん集まっていました。

c0167359_1213788.jpg

池ではヨットの操縦に興じる人々。楽しそうです。

c0167359_1215093.jpg

今日の昼食。果物、ファミマチキン、大好きなドルチェ・ヴィータのジェラート。超オススメです。正直イタリアのジェラートよりおいしいです(まあ日本人向けにできてるからでしょうけど)。

海ブドウはいらんやろ、とつっこみ。
ビールのあてにはこれやで、と村下先生。

c0167359_122328.jpg

食べるのが好きな娘はご機嫌に。
村下先生は<あの古墳はなんてゆうんやったかな>と調べもの。

c0167359_1221352.jpg

いちごいちご。
いい天気!

c0167359_1222492.jpg

ギターを10才のときから始めて、今も先生と交流が続いているのが不思議で嬉しいです。
私は音楽教室に母とはじめていったとき、フルートを習いたいと思っていたはずなのに・・・。
運命のいたずらです。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-05-08 12:13 | つれづれ | Comments(0)  

湯本香樹実の本

c0167359_1438158.jpg


最初に読んだのは<ポプラの秋>。
小さい女の子の気持ちと人間の不安をとても親近感のある形で描いていて本当に好きな本だ。何度も読んでいる。よく文庫の最後に他の作品を紹介しているが、<夏の庭>もこの人の作品だった(知らなかった)。

アサド兄弟が音楽を担当している<夏の庭>という映画の原作だ。
主演は三国連太郎。

3人の男の子はオーディションで選ばれたらしい。
テーマは人間の<死>で、少年のころの<死んだらどうなんねんやろ>という不安や好奇心を老人との交流の中で描いている。爽やかな作品だ。スタンドバイミーを思い起こさせる設定。

設定や描写が公(おおやけ)向きで、コミカルなシーンも多数。翻訳されたりして広くいきわたっている。

個人的には<ポプラの秋>の方が好き。
<夏の庭>はもう一回読みたいなとなぜか思わない。
なんでかな。

c0167359_14382336.jpg

[PR]

by pokapokatempo | 2013-05-02 14:47 | 好きな本 | Comments(0)