<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

オーケストラの練習

c0167359_15524730.jpg

さてファイナルコンサートが近づいてきました。全体の練習のあとにおそろいのTシャツが配られているところです。娘の首にかかっているのは日本から持ってきたひんやりタオルです。連日猛暑のFerraraではかなり重宝しました。

c0167359_15531613.jpg

メンバー表です。ここだけで50人ちかくいます。ここに講師がもう少し加わります。

c0167359_1553424.jpg


c0167359_15541570.jpg
オーケストラの練習はホテルにあるこのサロンで毎日練習します。午前は小学校で各アンサンブルチームの練習、午後はここで全体のオーケストラの練習をする、というスケジュールが一週間繰り返されます。
c0167359_1554368.jpg
大好きなピエロ・ルッシー先生です。私たちのアンサンブルチームの先生です。ヘンデルのメヌエットとドルチェ・ファンチューラという曲を練習しています。めちゃめちゃ優しい先生です。

[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-29 16:05 | イタリア珍道中2012 | Comments(0)  

お部屋紹介です

c0167359_15125056.jpg

ヤッホー。階下ではマンドリンのメンバーが来てちょこっとアンサンブルの練習をしています。
c0167359_15131270.jpg

ロフトみたいなところに私たちのベッドがあります。
c0167359_15133015.jpg

こんな感じ。なんでそんなこわい顔してジュースのんでんの?
c0167359_15135290.jpg

右の背の高い女の子が私たちのルームメイトです。
名前はジュリア。
スイス人ですがフランス語とイタリア語が話せます。おとなしくてとっても優しい人です。今回は参加者が多くてホテルの部屋が不足気味になり私たちも相部屋にしました。そのほうが娘にもいい経験になるかなとも思いました。私は英語よりもフランス語のほうがありがたいのでちょうどよかったです。
c0167359_1514830.jpg

洗面所はこんな感じ。毎日タオル3枚ずつをすっかり新調してくれるので気持ちいいです。
c0167359_15142320.jpg
シャワーです。湯船はないものの、いつも熱いシャワーが好きなだけ浴びられ、それだけでもかなり満足です。ヨーロッパの水周りは日本人には信じられないくらいお粗末で、シャワーを浴びていたら途中でぬるく(冷たく)なってきたり、水の出が悪くなったりしてストレスになることがあります。シャワーカーテンなんかもわずらわしい。ここは100点!

[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-29 15:25 | イタリア珍道中2012 | Comments(0)  

毎日通います

c0167359_1621247.jpg

これは泊まっているホテルの入り口付近です。10分くらい歩いた小学校でレッスンがあります。


c0167359_16215598.jpg

これはマンドリンのTrekelのクラス。暑いけど扇風機でがんばっています。

c0167359_16223363.jpg

全体でやる曲は5曲。マンドリンオーケストラのギターパートを担当することになります。娘も弾けるところをピックアップして練習しています。いまのところすべての曲に合流できています。えらいえらい。

c0167359_16231711.jpg

晩には講師のコンサートがありました。考古学博物館の広いスペースです。ただマイクを入れての演奏でこういうときには生の音が聞きたいものです。音響はむしろ良いはずなのですが、一般のお客様もいるのでそういう設えになるのでしょうね・・。

c0167359_16235291.jpg

私のカメラは暗いところはいまいちで演奏会の様子はFacebookにどんどんアップされていると思いますが、内容はクラシック、アイリッシュマンドリン、ブルーグラスともりだくさんで、私はトレッケル氏と長岡氏のデュオでスカルラッティ、月下の残像(長岡作品)、スペイン奇想曲(ムニエル)が本当によかったなと思いました。環境が整っていなくてもプロの演奏家はやっぱり何かを押し出すのだなと思います。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-25 16:33 | イタリア珍道中2012 | Comments(2)  

ピッコロ・コンチェルト

c0167359_1524402.jpg

こちらは22日です。水曜の夜に講習会会場のサロンでコンサートをすることになりました。コンサートをすることは予め決まっているのですが、いつやるかは始まってから、というようなフレキシブルな予定の進め方です。

c0167359_15253728.jpg

午前中は最後の日にやる全員のコンサートのための練習をしています。ギターのひとはギターパートだけの演奏と、マンドリンの人とのアンサンブルの演奏を予定しています。娘もがんばってほとんどのレッスンをこなしています。えらいえらい。

c0167359_15272730.jpg

お客さんくるんかなと思っていましたが大多数の講習会参加者が集まってくれました。いちむじんの為に書かれた一夢人~いちむじん~(長岡)、セヴィリアの理髪師(ジュリアーニ)、白いワルツ(長岡)、Asuka(佐藤)、Rui(長岡)、紫陽花(松居)、アンコールにとうりゃんせを演奏しました。
練習時間が少なくて緊張しましたが、皆喜んでくれました。終了後には感想を述べにきたり、握手やキスをしにきてくれます。長岡氏は日本ではほとんどトークしようとしないのにイタリアでは饒舌になります。
今回は英語圏のひとも多くて講習会は英語で進められることが多いです。私もAsukaを弾くときに英語で紹介してみました。ドイツ人の講師トレッケルさんは私のトレモロをとてもほめてくれました。こんなトレモロは初めてきいたなどなど。ああ良く考えたらマンドリンの人でした。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-23 15:40 | イタリア珍道中2012 | Comments(0)  

講習会会場

c0167359_17274910.jpg

おはようございます。
Ferraraに到着しました。最初のガイダンスと講師の紹介です。
講師合わせて45名くらいです。昨日着くのが遅かったので朝から挨拶の応酬です。2年前のSavonaのメンバーがたくさん来ています。


c0167359_21262073.jpg

月曜の日程です。初日なので少し余裕を持って組んであるようです。
今回の講師、マンドリンのトレッケルさんはドイツでも有名なプレーヤーで、且つ出版社を経営されているそうですが、よくよく話してみるとアウセルと一緒に演奏会をしたといいます。世界は狭いね、などと笑っていました。本当にそうですね。アウセルはいまケルンで教鞭をとっています。


c0167359_17291522.jpg

中庭のあるホテルです。陸亀がいたりします。パート練習は近くにある学校を借りてやるそうです。
これからいってきます!娘も大人用のギターでがんばります。
午後はレクチャー(ブルーグラス・マンドリン)とそのあと全体のアンサンブルの練習があります。
しかし暑い!大阪と同じくらいではないでしょうか。Savonaは涼しかったのにな~。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-20 17:31 | イタリア珍道中2010 | Comments(0)  

イタリア珍道中2012(ジェノバに着きました)

c0167359_671841.jpg

ジェノバに着きました。・・・といってもそう簡単には行きません。今回は帰りにパリに寄りたいので大韓航空のソウル~パリ経由のチケットを買っていたのですが、パリに2時間半遅れで到着し、乗り換えられない事態に。その日乗換えができなかった乗客の長~い列で〈さすがやな〉と娘。その日は予定外のパリ宿泊となりました。


c0167359_6235844.jpg

なかなかこの水色は特徴的です。機内食はもちろん韓国料理。でもニンニクは控えられていたようです。隣のお兄ちゃんは〈辛〉と書かれたカップラ-メンを食間にすすっていました。びっくりするほど男前のお兄ちゃんでなんか得した気持ちです。

c0167359_6242769.jpg

もう旅にはこれ、これしかありません。長年都こんぶのビッグファンである私は最近この梅フレ-バ-の都こんぶをいただいてすっかりはまっています。

c0167359_6245176.jpg

遅延の原因は中国が領空を飛行することを許可しなかったからとか。先の行列で少し話したベテランマラソンランナ-の日本女性からそう聞きました。アナウンスでは説明がなかったものの、直接乗務員に聞けば教えてくれたそうです。彼女はコペンハ-ゲンからまだ地方都市にさらに乗り継ぎを予定されていたそうで、それらが全てキャンセルに。翌日早い便でアムステルダムに飛んでいきました。マラソンの出場規定の日程に間に合うことをその場に居合わせたみなで祈りました。デンマ-クからジブラルタル海峡まで走るレ-スだそうで壮絶です。いろんな人が頑張っているんだなあと感じました。ホテルはお湯が好きなだけ出るしエアコンも効いていてお布団も最高。不幸中の幸いでした。しかしなぜいつもこんな目に・・・前回は母の荷物が無くなって持病の薬が少ししか手元になく大慌てしました。そのあとも手続きや必要なものの買出しでずいぶん時間をとられてしまいました(涙)。

c0167359_6251986.jpg
さて気を取り直してジェノバ。今回も長岡氏にいろいろお世話になります。〈昨日はめちゃ心配しましたよ~〉から始まります。ジェノバ空港の窓口で聞いても理由を教えてくれないのだそうです。〈それはプライベートにかかわる問題ですから〉と。なんのこっちゃ!?ただの怠慢やんか。労働をなめとる!!昼食をとりながら関西弁で怒る私。
モッツアレッラと生ハムの前菜。

c0167359_6254528.jpg
生パスタのジェノベ-ゼ。小さいこよりのような短いパスタです。ジェノバ産のバジルでないと本物ではないとジェノバっ子はいうそうです。手前は海の幸スパゲティ-。あとでかえっこして全部食べました。

c0167359_6261490.jpg
はい。イタリアの濃いコ-ヒ-です。砂糖なしではつらいです。これを皆三口で飲んでいきます。気つけ薬に近い。
さて今日はお借りしたギターの弦を換えて少しだけ指慣らしです。練習時間が短いのでどうなることやらです。娘は時差ぼけで服のまま寝ています。また続きをお楽しみに!


[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-18 07:05 | Comments(0)  

本日のケーキ(フルーツゼリー)

c0167359_16242833.jpg

TATA本日のケーキは<フルーツゼリー>。堅めのアガーのゼリーを使って角切りにし、氷がのっているようにイメージしたという名付けて<キラキラ>、をあしらった季節のフルーツいっぱいのゼリー。フルーツ部分はもう少しやわらかめのゼリーが使用されている。ぺろーんとしたなめらかな舌触りは、寒天でもゼリーでもない、<アガー>のゼリーなのである。食感も好きだが、この透明度が素晴らしい。フルーツの新鮮さを少しも損なわずにいる。寒天では曇ってしまい、ゼラチンもここまで透明にはならない。目にも嬉しいこのゼリー、一人分にしては多めに入っているが、一人でペロッと食べてしまえる。喝采。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-08-11 16:30 | TATAのケーキ紹介 | Comments(0)