「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ギターお買い得情報です!!

c0167359_16262579.jpg

ギターお買い得情報です。
昨日ファナ大阪さんに行ってきました。今度ファナ創設40周年記念にてプライベートブランドとして<ファナ>ギターを製作されましたのでご紹介。
写真はボディはロマニモデル(社長さんのご意向だそうです)で弦長は640ミリ。試奏しましたが弾きやすいし、飽きないし、それなりのレスポンスでう~ん25万くらい?と値踏みしたところ、なんと<12万円です>。
素晴らしいコストパフォーマンスです。期間も本数も限りあるそうで早いもの勝ち。ご希望の方は必ずファナにて<倉石さんのブログ、または清水丘ギター教室のHPをみました>とおっしゃってください。できるだけ優先しますということです。
弦長同じでボディがひとまわり大きいのもあるそうです。これはなかったので試奏していませんが、その方がボリュームがあるかもしれませんね。興味があればお尋ねください。

<後日談です。>
ボディがひとまわり大きいのも試奏しました。確かに音量がアップしているように思います。
しかし私は全体のバランスからするとロマニモデルの方が弾いていて楽しいなと感じました。きき手の方は大の方がいいのかもしれませんね。少しでも音量を、思われる方は大、自分で弾いて楽しいことを重視される方は小をお勧めします。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-28 16:36 | つれづれ | Comments(0)  

写真の見本が

c0167359_17144750.jpg

こないだ帝塚山アールフォトで撮影した写真の見本を一枚見せてもらいました。

う~~んよく撮れてるなあ、娘が。

あのすみません、私の写真を撮りに行ったんですけど・・。

完全に脇役です(^^ゞ

ちなみにこれは<おしりかじりむし~♪>と弾いてみ、といって弾かせてるところです。

他の写真はもう少し待ってくださいねということですが、アールフォトのスタジオがある帝塚山ワンスペース蔵ギャラリーというところで7月21日~7月31日まで作品が展示されるそうで、私たちのショットも並ぶそうです。楽しみです。

それから先日から録音していた佐藤弘和さんの<Asuka>は7月10日発売のギタードリーム第35号に楽譜、録音ともに掲載されますのでみなさん是非購入して練習してみてくださいね!編集長の玉置さんから<録音ばっちりでしたよ!!>とお褒めのことばをいただきましたよ・・てほんまかいな(半信半疑)。
私は定期購読しているので送ってくるのを楽しみに待っているところです。

佐藤さん、いい曲をかいてくださってほんとにありがとうございます!!
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-23 17:00 | つれづれ | Comments(0)  

<ペーニャ>という催し

c0167359_2130458.jpg

フラメンコスタジオ<カストロマリン>。アメリカ村にある諸岡誠仁さんが主宰するフラメンコギター教室。その催しである<ペーニャ>にゲストとしておよびいただいた。光栄なことだ。


c0167359_21302586.jpg

<ペーニャ>のもともとのイメージはこうだ。
スペインの居酒屋で皆が集まって飲み食いしている。そこにアーティストがやってくる。たとえばそれがギタリストだとして、今夜は飲み食いをただにするから一曲弾いてくれ、とまわりがいう。アーティストは気持ちが乗れば弾くし乗らなければ弾かない。居合わせた人々は運がよければすごい演奏にお目にかかることもあるし、ダメな場合もある。それは運任せ。

c0167359_21304940.jpg
これは諸岡さんとデュオをしているところ。カルリの<ラルゴとロンド>のロンド。ガロティンというリズムでうまく合うのだという。諸岡さんはフィーリングでどんどん弾いていく。
なかなか好評。

c0167359_21311298.jpg
これはカホン(スペイン語で箱)。打楽器で、一部ギターの弦をかませてあったりするものもあり、ビーンという音がまじって土臭くていい。

c0167359_21312643.jpg
これは諸岡さんがカホンをたたいているところ。このほかパルマ(手拍子)などとにかくフラメンコはリズムが最優先なのだという。音量が必要でギターをアポヤンドで強く弾くのは主にそのためだ。

c0167359_2131465.jpg

会が終わってもメンバー(主に生徒さんたち?)が残って何やら始まると、踊る人、パルマを入れる人、カホンをたたく人、歌う人、と輪ができて大盛り上がり。
とにかく怒涛のリズムと熱気でクラシックとは違うなあとおもいつつ、しかし好きな気持ちはどのジャンルも同じということを確かめて帰路につく。
ブローウエルのプレリュード・エピグラマティコスがカラーが大きく違ってみなさんに印象がよかったようだ。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-18 21:46 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

英検

c0167359_1221562.jpg

6月10日(日)英検を受けてきました。せっかく娘が英語を始めたので目標をつくろうというわけで親子で受験することにしました。私も忘れてることを補充していくためと、子供の目線で学ぶという意味で一緒に5級を受けてきました(^^ゞ

c0167359_12212860.jpg

おお!久しぶりの教室。私がおばさんなのでなんども振り返ってみる子なんかがいて面白かったです。受験時間に問題がないかとか空調とか様子を実際に体験してきました。1時間半は静かにじっとしていなければならないわけで、小さい子にはちょっと集中力が必要かなとおもいました。親が入室できるのは試験の15分前までです。

c0167359_12215221.jpg

終わって開放的になっているところ。この辺りは近大の校舎とか学校が集まっているところです。八戸ノ里から20分くらい歩いて相当疲れました。

c0167359_1222832.jpg

八戸ノ里駅のロイヤルホストで打ち上げをしているところ。すぐに答え合わせをすると娘も合格の見通しでした。よく頑張ったね!このあとなんばパークスでご褒美に前から欲しかった帽子を買いました。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-11 12:29 | つれづれ | Comments(0)  

本日のケーキ(レモンケーキ)

c0167359_11342410.jpg

ああこんなさわやかな日がいつまでも続けばいいのに、と思います。
本日のケーキは<レモンケーキ>。さわやかな酸っぱさととろーりかかった砂糖衣がなんとも絶妙な一品です。普通の大きさにみえますが食べごたえがあって、このブロックと果物、野菜少々でお昼を済ませたほどでした。


c0167359_11392369.jpg

オリーブの花です。なんかちっちゃいポップコーンのような感じなんです。
オリーブは何か感じるところがあります。小さいころよく行った小豆島の叔父の別荘には裏手に大きなオリーブ畑があり、実やオイルや化粧水などをよく目にしました。
小豆島では、磯で足を切ったり、肝試ししたり、キャンプファイヤーをしたり、釣りに行ったり・・思い出がいっぱいです。足が届かなくてもじゃばじゃばやっているうちに泳げるようにもなりました。家からは小さな港に船が入ってくるのが見えて、素敵な場所でした。お母さんやママ(叔父の奥さんをなぜかこう呼んでいました)が夕飯を豪華にしたり、学校を休ませて遊んだりするときいたずら顔になるのを思い出します。私はその親戚中では一番年下でしたからいつもがんばってついて行っていました。ママはわたしのことを<おチビさん>とよんでいました。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-04 11:53 | TATAのケーキ紹介 | Comments(0)