「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

第20回ミニ発表会

c0167359_1231011.jpg2011年8月12日第20回ミニ発表会を開催。演奏曲目は次のとおり。
ブラームスのワルツ
舟歌(コスト)
シチリアーノ(カルリ)
ギアナのうた(アルフォンソ・モンテス)
ラ ネージュ(長岡)
カナリオス(サンス)
悲しみの礼拝堂(ゴメス)
バガテル(マルシュナー)
プレリュード(チェロ組曲第1番より)
長岡+倉石で
月下の残像※(新曲初公開)、水鏡
長岡ソロ
プレリュードop.3(デュアルテ)
アリア(ヘンデル)
七つの子(松居孝行編)
白いワルツ(長岡)
悲しみのタンゴ(プホール)


c0167359_1235380.jpg
ガット弦を使用した19cギター。レプリカでなくその時代のもの。古風な音で話題性がある。


c0167359_1241372.jpg
プレリュードとヘンデルは19cギターをお借りして演奏。
他、参加者の今井勇三、桜井河野など引き比べも興味深い。楽器と弦の相性や弦高について、またタッチ・遠達性の話など参加者の質問にそっての応答があり演奏の実際に役立つ知識を得ることができた。


c0167359_1243233.jpg
※<月下の残像>は先に作ったものとはまったく違う作品で先につくったもののタイトルを変更する予定だそうだ。松居孝行氏の月下の残像もあるから今後混乱が予想される。
<水鏡>は<Yume>とともにギターとマンドリン版がドイツのTrekel社から出版されることになり長岡氏の一層メジャーな活躍を期待する。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-08-13 12:23 | 過去の演奏会・催し | Comments(2)  

フリーマーケット&パーティー

c0167359_2023738.jpg
2011年7月31日(日)自宅教室にてフリマ&暑気払いパーティーを開催。写真は午後の部で村下先生が弦の張替え講座をしているところ。ただ張り替えるだけでなくいろいろなコツやギターを長持ちさせる方法など、含蓄ある語り口で。質問なども入り楽しく学ぶことができた。


c0167359_20234378.jpg
ジュニアのアンサンブルの控え室。本番は上がることもなくいつもどおり(いつもより上手く)に弾いてくれた。演奏曲目は<日本昔話><遠くへ行きたい><上を向いて歩こう><明日があるさ><ひょっこりひょうたん島>。うちの娘は人前で弾くという小さなデビューを成し遂げてうれしそう。


c0167359_202472.jpg
メニューは<カレー><おでん><ビール><ジュース>他。お台所は片山さんが手伝ってくれたお陰で私もよく動くことができた。午前の部は岩本政仁氏が弦の張替え講座、午後の爪やすり講座は私が担当。村下先生の手作りやすり台はそのまた師匠である縄田先生の発案だったというから興味深い。


c0167359_20242458.jpg

おでんは母が、カレーは私が担当。ビールもよく出て、12350円の義義援金を今日送金してきたので報告する。
お手伝いくださった方々、物品の提供をしてくださった方々、募金をしてくださった方々、きてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

しかしまあよくこんなにものを詰め込んでいたものだと我ながら感心する。演奏の予定が入るとまずそれを優先するという生活を長年続けて処分のタイミングを失っていたが、教室のリニューアルを機にはやりの<ダンシャリ>を決行。机やこどもの大型おもちゃの嫁入り先もでき、しかも喜んでいただき、やってよかったな~と思っている。
今週いっぱいくらいはこのまま置いておこうと思うので、日曜に来られなかった生徒さん、レッスン帰りに見ていってください。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-08-01 20:40 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)