<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ルーシー・リー展(東洋陶磁美術館)

c0167359_11554036.jpg
ルーシー・リー展に行ってきた。
初めて作品を見たのは1992年だったと思う。ロンドンでの小さな展覧会だったが強烈に印象に残り、その作風はずっと心のどこかに灯をともすような存在であった。そのときのカタログは大事にとってある。実用食器でも誇張しない存在感を醸し出していて大好きな作家である。TVの日曜美術館(だったかな)でも、取り上げられたときはじっくり見た。そのときにボタンを作製していた時期もあったと知った。生活のためにということであったが、さまざまなデザイナーからの要望にこたえたその時期があったからこそ後に柔軟な色彩やフォルムを打ち出すことができたというところに大いに共感する。コメンテーターとして三宅一生も招かれていた。
今回は大阪で見られるということで古い友人を誘ったところ大いに賛成で同行してくれた。


c0167359_11561145.jpg
東洋陶磁美術館は淀屋橋で降りて5分ほど歩いた中央公会堂のすぐ斜め前くらいの瀟洒な建物で、これができたときには小躍りして見に行ったものだ。常設は中国や朝鮮の古い陶磁器や日本の各地の陶器、作家ものなど。人口の照明でなく、自然の光を上部から取り入れて作品をより浮き彫りにする工夫が凝らされている。


c0167359_11563986.jpg
展示以外にBBCが録った、ルーシー・リーが作製しているところやインタヴューをうけているところのビデオ(貴重だと思う)を最後まですっかり拝見してお腹がすいたので、歩いてすぐの<北浜レトロ>という紅茶屋でランチ。オイルサーディンとトマト、ポテトサラダとパプリカの薄切りのサンドウイッチ。ミルクティー、デザートは梨と生姜風味のソフトビスケット、生クリーム添え。これで1000円とは。心もお腹も大満足で寒い帰り道もホットな気持ちであった。
また陶芸がやりたくなった。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-29 12:14 | つれづれ | Comments(0)  

本日のケーキ(チョコパウンドケーキ)

c0167359_9143029.jpg
TATA本日のケーキは<チョコパウンドケーキ>。一切れがたっぷりの厚さで食べ応えがある。しっとりしているところをフォークで一口食べるとほろほろと口の中でとけていく感じ。コクがあるのにくどくないという絶妙さと、後味のほろ苦さ。青春やねえ。
いつもコーヒーを飲んでいる私だが今日は友人からいただいたフレーバーティーをいただくことにした。ストロベリーやホワイトチョコ、アプリコット、中には<パリの焼き栗風味>なんていうのもある。どれどれ、パリの焼き栗とは?
・・・・・・お~確かに!! 冬になるとドラム缶を切ったような鉄板で小さい栗を焼き、10ヶほど小さい紙の袋に入れてくれる街角の風景がよみがえってくる。青春やねえ。


c0167359_915668.jpg
約1年前に当ブログでご紹介したかわいい赤ちゃんは、1歳になってこんなにしっかりしました。そして妹もできたんですよ。しかし抱っこに夢中で写真をとるのを忘れました~残念。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-25 09:27 | TATAのケーキ紹介 | Comments(0)  

はじまりの音楽大阪公演(大野ホール)

c0167359_9401644.jpg2011年1月16日(日)。凍てつく寒さの週末であったが満席のお客様にご来場いただき本当に感謝にたえない。前半は藤井眞吾氏の独奏でメルツ、アルベニス、トウリーナ、武満、加えて初級~中級のレッスンで必ず練習する小品など。マリアルイサは原典を披露。その曲のマズルカらしさがよくわかり大変参考になる。勉強中の生徒さんには嬉しいプログラムだ。私はギターの名曲はもちろんだが武満の12の歌やすべては薄明の中で、をとても気持ちよくきいた。


c0167359_9404324.jpg気持ちよく浸っていると、<はよはよ、演奏する番やで>と大野さんに急かされて準備する。<はじまりの音楽>は全12曲で、日本の歌を主にメロディーと伴奏に分けた二重奏にし、初級~中級の人でも無理なく演奏できるように工夫されている。伴奏は先生、メロディーは生徒という割り振り。今回は<はじまりの音楽>の出版記念演奏会でもあるため、このような企画が九州のほうから順に行われていて、大阪では私をご指名いただいたというわけだ。大変光栄なことである。


c0167359_9411164.jpg
打ち上げでは大野さんを中心に10名ほどの集まりで会の成功やお互いの再会を祝った。テーブルには寒いからこそ美味しいであろうお刺身やぶり大根など心づくしのお料理を皆で舌鼓。右手前が主催の大野さん、サングラスをかけておられるのは福田進一氏のお母様で、キュートな話題を次々に披露してくださった。藤井氏はこれからのギターシーンについて大いに語られ、大野さんはそれをにこにこと聞いておられる、そんな場面がここ大阪で持たれていることが嬉しい。


c0167359_9413738.jpg
大野音楽事務所のスタッフの皆様にも大変お世話になった。常に音楽の会に携わっておられる方々なので対応がすばやく間違いがない。これも演奏会成功の大切な要素となる。


c0167359_942197.jpg
素晴らしいお料理を作っていただいた板さん。お名前は照れて教えてくださらなかったが、時間をかけて黙々と仕込みをし、見た目も素晴らしいプロの技を、控えめな態度で提供してくださったことにまた感動しつつ家路につく。
お客様、大野さん、スタッフのみなさま、眞吾さん、みささん、かかわったすべての方々に感謝いたします。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-18 10:13 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

Who's who ◆藤井眞吾氏(ギタリスト・作曲家・指揮)

Who's who 4人目のお客さまは藤井眞吾さんです。最近のご活躍は周知のとおりですが1月16日の大野ホールでの<はじまりの音楽>出版記念コンサートを前にその横顔もご披露していただけました。
c0167359_2265121.jpg
■ギターを始めたきっかけは?

家にあった兄貴のギターを触っているうちに欲がでていろいろやってみたくなり、もう長い付き合いになりました。

■使用楽器をお教えください。

三浦隆志さん作の6弦ギターと7弦ギター、それから1830年製のヨハン・ブッヘル J.Bucher(シュタウファーの弟子にあたる)の3本です。普段は6弦ギターを使用し、コストの作品や自編のバッハ作品などは7弦ギター、そして作品の時代によってはヨハン・ブッヘルを使用するといった感じです。


c0167359_2274861.jpg
■おすすめのCD、ギタリスト、印象に残っている演奏会などはありますか?

たくさんありますが今すぐ思い出すのは1985~6年のスペインの講習会でのホセ・ルイス・ゴンザレスの演奏ですね。教会でのコンサートでしたが、バリオスやタレガの作品を聴きました。ホセ・ルイスの録音したものはいろいろ残っていると思いますが、生の演奏がとにかく素晴らしいです。


■ギターは何故難しいのでしょう

他の楽器と違って、指そのもので音を出す楽器なので爪の調子や体(使う筋肉)の調子などが直接音に反映するから
ではないかと思います。特に爪には神経をつかいますね。ダンスリー・ルネサンスという古楽のチームでリュートをやっていた時期が15年ほどありましたがその間は、リュートの演奏は指頭で、ギターを弾くときには基本的には自作の付け爪ですべて補っていました。素材にはピンポン玉を使っていました(ここで爪の補修について講習あり・・全部の指を
付け爪で本番という経験談は大変参考になりました。詳細は藤井眞吾さんのHP→コラムへ)

■ギターをやっている皆さんに励ましのひとことを!

たまにギターについて<マイナーな楽器だ><レパートリーが少ない>などと、マイナーなイメージを語る人がいますが、私はそれはまちがった認識だと思います。歴史的にも「黄金時代」をもっていた楽器ですし、作品も沢山あります。<ギターほど素晴らしい楽器はない!>と断言します。飽くなき探究心と好奇心をもって更にギターとのかかわりを
深めていきたいと思っています。


c0167359_2285971.jpg
■告知・PRがあればお願いします。

CD<黒いデカメロン~ブローウエル作品選集><藤井眞吾ギター作品集>を是非おききください!
それから今回のコンサートで演奏する、<はじまりの音楽>は、日本の旋律をギターの魅力をひきだしつつ、できるだけ平易になるようにしました。しかし音使いには妥協なしに作業しましたのできっとご満足いただけると思っています。楽譜の出版記念も兼ねていますので是非お運びください。



c0167359_22101391.jpg
■最近のマイブームは?

ビデオ編集です。以前からチャレンジしてみようと思い、編集ソフトや機材を用意していたのですが、この年末年始
やっと時間がとれて、やってみるとこれが面白く、出来上がったものはどんどんアップしていますので
是非みてください。(藤井眞吾さんのHP→you tubeでごらんいただけます)
c0167359_2252812.jpg
~ありがとうございました。

←奥様のみささんです。おいしいお茶をごちそうさまでした。
(写真の猫ちゃんたちはアップのヨモギちゃん&つやつやのマメちゃんでした)

藤井眞吾さんのHPはこちら
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-08 22:15 | Who’s who | Comments(0)  

●はじまりの音楽(演奏会告知用)


[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-08 19:22 | You Tube | Comments(0)  

●はじまりの音楽 出版記念コンサート

c0167359_9534451.jpg
藤井眞吾さんにお招きいただき氏の日本の歌の編曲集<はじまりの音楽>(全12曲・ギター二重奏)のお相手をつとめさせていただくことになりました。お正月あけののんびりしたひとときをすごしませんか。日本の旋律はまさにギターという楽器の特性が最高に発揮される題材です。詩情豊かな世界をお楽しみください。

◆2011年1月16日(日)14時開演
 大野ホール
 入場料¥3000
 詳細は藤井眞吾さんのHP




◆ご予約・お問い合わせは
サイドバー pokapokatempo@yahoo.co.jp
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-03 10:01 | 今後のスケジュール | Comments(1)  

謹賀新年 

c0167359_9171620.jpg
 新年おめでとうございます。ことしもギター三昧です。
OLをやっていたときにはギターだけでの生活は夢のような生活でしたが(帰宅がおそいので出勤まえに練習していました)、ギターのことだけ考えていてもなんとか生活できるというのは本当に感謝感謝です。みなさまのお陰です。
 レッスンにきていただいている生徒の皆様に少しでも満足していただけるよう、今年もいろいろアイデアをだしていきたいと思っております。
コンサート活動は地道に<コツコツと!>やっていきたいと思います。自分のやりたいことと聴衆がききたい曲はなかなか合致しにくいものかもしれませんが、新しい提案と既成のイメージをうまくミックスしていければなあと思っています。


c0167359_918640.jpg
 これらははずかしながらわが家のおせちです。例年黒豆を自分で炊くのですが、今年は上等ないただきものがあったのでそれを入れました・・そうすると自作の具が一挙に減りまして(誰にいいわけしているのか)・・とにかくいつもよりはずっと早く簡単に詰めました、ということがいいたかったのです。詰める作業はテレビをみたりワインをちびちびやりながら、娘につまみ食いされたりで、楽しい大晦日でした。 

今年もギターと倉石アオミをよろしくお願いいたします。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-01-01 09:35 | ごあいさつ | Comments(2)