<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

長岡克己+倉石アオミ ジョイントコンサート(大阪)

c0167359_9595953.jpg
2010年6月26日(土)大阪府堺市のゼロワンネーブルハウス2Fホールにて長岡克己さんとのジョイントコンサートを開催。氏の作品を中心にデュオ、ソロの演奏をおききいただいた。当日は雨模様であいにくのお天気だったがたくさんの方にご来場いただいた。


c0167359_1003576.jpg
今回はオリジナル曲の解説と、これはイタリアの風土や料理についても少しお話を伺っているところ。
<月下の残像>は初披露となり、あとで生徒さんなどに感想をきくと大変好評だった。 <月の光の下で風が吹いている感じ>、というイメージを述べてくれた人も。


c0167359_101169.jpg
ソロでは氏の作品、<ファンタジー>と<ラ ネージュ>、そして大好きなメルリンを演奏。


c0167359_1012851.jpg
あわせの回数が極端に少ないので不安だったが、長岡さんは私がどう転んでもうまくあわせてきてくれるので安心して弾く事ができた。
休憩時間には私が先日絶賛!したTATAさんの<抹茶のブラウニーホワイトチョコ入り>を差し入れいただいてこちらも大好評。蒸し暑い会場がほっとするひとときを提供していただいた。
受付や片付けを手伝ってくださった方々など皆さんに感謝します。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-06-28 10:58 | 過去の演奏会・催し | Comments(2)  

長岡克己+倉石アオミ ジョイントコンサート

c0167359_12301345.jpg
◆7月2日の東京都豊島区、GGサロン(GGサロンの案内はこちら)で開催される長岡克己さんとのジョイントコンサートと同プログラムで大阪府堺市でも開催いたします。長岡作品を中心にデュオ・ソロ、他の作曲者の作品も少々まじえてお届けいたします。

日時:2010年6月26日(土)14時開演
場所:ゼロワンネーブルハウス2Fホール
(南海本線堺駅より徒歩5分)
入場料:前売¥2500(当日¥3000)

◆演奏曲目 
Rui, Ame, Mizukagami , Zaqu, La Neige, 他


●長岡克己氏


c0167359_1531348.jpg

◆ご予約・お問い合わせはサイドバーの
pokapokatempo@yahoo.co.jp より お気軽にどうぞ。

<お知らせ>
現代ギター2010年5月号に長岡克己さんの新作<白いワルツ>が発表されています。解説に<ラ ネージュ>の妹分みたいな作品とあります。とてもいい曲。是非一度お試しください。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-06-21 12:26 | 今後のスケジュール | Comments(2)  

いしいしんじ氏の連載<ふしあな>

過去当ブログで何度か紹介している<いしいしんじ>氏がほぼ日刊イトイ新聞にて連載を始めたのでご紹介する。ちょっと探さないとその<ふしあな>が見つからない(今はみつけやすい)が今みてきたら連載は3回目をおえたところ。1ヶ月でだいたい完結し、またしばらくおいてちがうテーマで書く、という予定であるように書いてある(予定の推測で遠まわしの表現になる)。ものかきであるため継続的な仕事はなかなか難しいと思う。が、彼のページをみると驚くほどの催しがかいてある。そのたいていがその場で思いつきで書く小説だとか、どう転ぶかわからない、などと謳われたもので若き日の彼を彷彿とさせる(とは大げさか)。いしいしんじ氏自身のブログはこちら。彼はひとことでいうと可笑しくて真摯な人柄である。お母さんはなかなかの美人でお父さんは塾の先生、(すなわち私の行っていた塾の先生でいしいしんじ氏はそこでの同級生)、男4人兄弟で兄とたっちゃんとかっちゃんという双子の弟がいる。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-06-09 09:32 | つれづれ | Comments(0)  

本日のケーキ(コーヒーバー)

c0167359_8293888.jpg今日の岬町は快晴。
TATA,本日のケーキは<コーヒーバー>。スライスアーモンドをあしらったスティック型の形状は、フォークなど用いずにぱくっとやると、カジュアルな美味しさがまさに軽快そのものだ。コーヒーの風味が最初からきて、意外なほど食べ応えがある。甘さはいつもどおり控えめで、私は生徒さんとフレンチポップスの話などで盛り上がりながら予めコンビニで買って来てあった小さな蒸し鶏のサラダ、紫の野菜、ミルクティーで昼食とする。
フランスに留学していたというと、たいてい<フランス語を勉強してから行ったのか>という言語の話になる。私はフランス語はまったく無の状態で行って、パリのアリアンスフランセーズで勉強しながらだんだん話せるようになった。現地で生活していると驚くほど早く習得できる。それは本当に必要であるから、という状況だからだ。留学中ロンドンに小旅行にいったが買い物も超カタコトだし、まず聞き取る事ができない。長い時間と労力をかけて勉強したわりには実際には使えないものだ。娘にはもっと実践で役に立つ英語を学んで欲しいものだとおもう。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-06-07 08:41 | TATAのケーキ紹介 | Comments(0)  

100番を引く

c0167359_22162768.jpgわ~い100番だ、などと喜んでいてはいけない。今日は阿倍野学習センターの抽選日で3か月先のお部屋の抽選会に当番で参加。会場に着いたのは48番目。48番目に目隠しした札を引く。100番・・・。もともとくじ運は良いほうではないが後ろすぎる。いつも使っている部屋を使えなくなる恐れもある。しかも待ち時間が1時間くらいかかる。
持って行っていた本を読みつかれたころに<番号札100番のかた~>と呼ばれる。一日分だけ和室を使用することになってしまう。何かいつもと違ったことでもするかな。
 
そのあと車でFANAに向かう途中<鳩山首相が辞任を表明>というニュース。<え~こりゃまた急にきまったな>と思いつつ前から見に行くことになっていた初心者用の量産ギターを見せてもらう。たまに製品と価格のバランスをチェックしておかないと生徒さんにアドバイスができない。小平、松岡、Aria、と3本みたが小平が一番良かったように思った。Ariaは他のより1万円安い定価だが、1万円違うだけなら小平を買う方が断然お得だと思うがなかなかわかってもらえないのが現状だ。ヤマハはもっと安いラインを作っているが同じ見方ができる。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-06-02 22:31 | つれづれ | Comments(0)