「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

映画鑑賞

昨日の運動会で振り替えの休日になった。<パコと魔法の絵本>を娘と見に行く。阿部サダヲが好きなので結構楽しい。いろんな物事の寄せ集めで少々食傷気味だが思ったよりもずっと面白かった。関西弁の人(最近はテレビアニメでも必ずといっていいほど一人関西弁の役が入っていて興味深い)の扱いを<あ~これが典型的な浪速のキャラなんかな~>と妙に客観的に見る。ダウンタウンが売れてから、全国ネットでも関西弁を隠さずに話す人が増えたように思う。確かに東京に行くとベタベタの関西弁の私はなにか居づらさを感じる。前に名古屋で演奏したときには<大阪の人はもっとこってりした演奏かと思いましたが違いますね>・・・いったいどういうイメージを持っているのだろうか。
c0167359_073371.jpg










帰りにペットショップをのぞいた。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-30 00:08 | つれづれ | Comments(4)  

やっぱりさかなやった

c0167359_0482695.jpg
  以前の記事<さかなかな>で横からみてみたいと述べたので知人が再度おくってくれた(やっぱりさかなやった!)。妙に存在感がある。
 最近ディアンスばかり弾いている。今日はサウダードの3番。低音のくりかえしが面白いが、Rituel が一番面白い。しばらくやってみる。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-29 00:50 | つれづれ | Comments(0)  

c0167359_22473896.jpg
ヤマハ堺店に行ってきた。南海高野線堺東駅すぐのところにある。レッスンに使う曲集などを見にきたが、ついでに弦も物色。オーガスティンの黒、赤、青、は1セット各1155円。リーガル+低音が青は1575円。リーガル+低音が黒は1260円。リーガルというのはオーガスティン製の高音①②③3本のみのセットなのだが・・・・んん?セットでは値段の違わない青と黒だが、なぜかまったく同じリーガルと組み合わせると青のセットのほうが高くなっている。
他にはプロアルテのノーマル1050円、ヤマハ945円、ヤマハのグランドコンサートは1260円。他の店でも見てみよう。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-24 23:09 | つれづれ | Comments(0)  

栗拾い

c0167359_19594031.jpg
朝さわやかだったので栗拾いを提案。 <いくいく~~!!>とノリノリの娘。堺の南楽園に行ってきた。南楽園は梨狩りやぶどう狩り、みかん狩り、いも掘りなど、季節に応じて楽しめる観光農園だ。奥に行くと池があり、小さな魚を釣って楽しむこともでき、シーズン中はたくさんの人でにぎわっている。


c0167359_2091294.jpg本日の収穫


c0167359_2095013.jpgのんびりうきをながめる


c0167359_20102459.jpg本日の釣果
久し振りに魚をつかんだ(実は小さい頃釣好き)
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-23 20:12 | つれづれ | Comments(0)  

ええ~っ!?

c0167359_22463447.jpg
ケースを開けたら弦が切れている。持ち運ぶとたまにこういうことがあるが、しばらくは家で練習の日が続いていたのに・・。原因は<カプリコーンの夢>だ。5弦をシに上げる、すなわち全音分も巻き上げるからだ。他の曲はラに戻し・・と連日やっていると巻いてある細い金属が切れた。チップをつけていたのでもう一度同じ弦をぎりぎりの長さだが張りなおせた。実はセカンドギターの方でも<カプリコーンの夢>で練習中に5弦が切れたのだ。も~。とてもいい曲なのに。でも本番中に弦が切れたらいやだな~。全体のピッチを438にしたら少しは負担が軽くなるかな~などと悪あがき。
他には先日のレッスンで生徒さんが持ってきたポンセの6つのプレリュードを少し見た。留学中に少しやった覚えがある。いい曲ばかりだけど一曲が短い。しかし独特の世界に連れて行ってくれるので好きだ。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-22 23:01 | つれづれ | Comments(2)  

Niebla (霧)

c0167359_15232851.jpg
アトリエ・ラウロでネックレスを購入した。銀の細工にジルコニア。<Niebla(霧)>という作品。もともと銀のアクセサリーが好きだが、一点ずつの手作りは尚いい。リボンを通してチョーカー使いにもできるのでギターにあたらない。アトリエ・ラウロはウェブショップだけの展開だが、手頃な価格でオリジナリティあふれる作品が手に入る。<ラウロ>とは南米のギターの作曲家の名前。ベネズエラ・ワルツが人気があり、よく弾かれている。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-21 15:28 | つれづれ | Comments(4)  

MUGUETS (すずらん)

生徒さんから、ディアンスの<ミュゲット>の演奏順を教えてほしい、という質問があったので解説する。見開き2頁の短い曲(2分30秒くらい)だが、繰り返しが少し複雑だ。次の順でよいと思う。
c0167359_15493495.jpg
イントローAの1カッコ(音量は普通、5小節目はドラド)-Aの2カッコ(音量は普通、5小節目はドラファ)-Bの1カッコ(音量は普通)-Bの2カッコ(音量は普通)-Aの2カッコ(音量はmf、5小節目はドラド)-Bの2カッコ(音量は先の mf より強く)ー続けて 2’カッコ (音量はさらに先の mfより強く、とてもゆっくりにしていく)-Aの1カッコ(音量はmp、5小節目はドラファ(これが不確定だがどちらでもよいと思う)、コーダに向けてクレシェンド)-Coda( f で入り、あとは指示通り)。

<指示について>
✻上の音を弾いたあとすぐに消音
(✻) 上の音を弾いたあとに消音(推奨) 

a tempo Printanier  春めいて、春らしいテンポで
piu いまよりもっと、さらに
allargando だんだん遅く
Triomphant 勝ち誇った様子で
Tendrement やさしく
con spirito 心をこめて

指定の、♪=69で弾くと少し速いように思うがどうだろうか。しかしそれでだいたい2分30秒になる。順などについて、それは間違いじゃないか、という意見はコメントでなくメールで送ってほしい。本文を随時書きかえる。 pokapokatempo@yahoo.co.jp
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-16 16:15 | つれづれ | Comments(0)  

月見アップルパイ

c0167359_15422918.jpg休みだからなにかケーキを作ろうと娘がいうので、本をみてアップルパイを選択。はじめてのことにも挑戦しつつなんとか完成。生地にクリームチーズを入れているレシピだったが、なかなかおいしい。


c0167359_15432541.jpg
お月見の日だったことを思い出し、母も一緒に団子でなくアップルパイで月見をする。きれいな月を見ることができた。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-14 22:10 | つれづれ | Comments(0)  

むむ・・これは part 3


c0167359_0114850.jpgこれは何だかおわかりだろうか



c0167359_041897.jpg
ボンタンアメの違う味のバージョンで、ボンタンアメの柑橘系の風味がお茶の風味にさしかわった味。もちっとしたところをオブラートでつつんであるのは同じ。生徒さんに<珍しいでしょ>と、もらった。お茶味のほうを<懐かしい~>というと年がばれるそうである。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-12 00:09 | つれづれ | Comments(2)  

海へ

c0167359_041790.jpg
武満 徹の<海へ>はアルトフルートとギターのための作品で、<夜><白鯨><鱈岬>の3曲からなる。普通のフルートとやると低く聞こえるギターが、4度低いアルトフルートと合わせると、高い音にきこえる。伴奏に徹するイメージを払拭してくれる。アウセルが録音しているので持っているCD。フルートはピエール アンドレ ヴァラッド。<海へ>のほかに、シャンカールの<魅惑の夜明け>、ピアソラの<タンゴの歴史>などが入っている。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-09 00:12 | つれづれ | Comments(2)