カテゴリ:つれづれ( 301 )

 

謹賀新年

c0167359_23395861.jpg
c0167359_23400967.jpg


皆様あけましておめでとうございます

今年の黒豆はちょっと失敗しました・・。

なんかスケジュール管理が大変でばたばたです。

1/8の東京のワークショップがいよいよです。

緊張しています。

いろいろ考えてはいるのですが

初めての人にどう伝えるのかが大きな課題です。

アレクサンダーテクニークに出会えてよかったです。

できればあと20年くらい早く出会いたかったなあ。

ずっと探してはいたんですけどね。

でも今から精一杯かんばります。

もちろんギターの演奏、レッスンも頑張ります。

大好きな仕事で本当に良かったです。


皆様も人生を謳歌してくださいね。



[PR]

by pokapokatempo | 2018-01-02 23:45 | つれづれ | Comments(0)  

試奏(ピーター バートン他)



c0167359_18173986.jpg

ピーター バートン(Peter Barton) (英)
2017年製 です。
英国紳士のような上品さと気高さのような
(ま、ちょっと気取ったところも)あり、
しかし癖のない、どんな曲にも対応できそうな逸品です。
170万と、輸入楽器としては値段は中くらいですが
上品なのに音量もあり、弾きやすいとなると
人気の楽器だろうと思います。
始めて弾きましたが、なかなかうがってると思います。

c0167359_18231177.jpg
材料は松・ハカランダ
c0167359_18174542.jpg
糸巻はロジャースでしゅうーっと合います。

c0167359_18172120.jpg
もう一つは中古ですが
リヒャルト・シュミットの1989年製、60万。

あまり弾いていない持ち主が何らかの理由で
売りに出したもののようです。

なるほど弾いていない感じですが
その分へたっていないということでもあり
まだまだ弾いていけるし変わると思います。

ちなみに私は楽器としては好きで
こっちの要望に嫌味なく答えてくれる
ちょっとスペインの香りがする
ドイツの楽器、という印象です。

この価格なら桜井・河野あたりを
買っておいた方が初めての人は妥当かな?
とおもうけど、輸入ものが欲しい
と思っている方には結構いいかもしれません。
国産には絶対出せない味は
確かにありますね。
なんでかわからんけど!

ちょっと棹の形状が平たくて
私の好みではないんですが
じっくり取り組めるという意味では
(弾いていて飽きない、楽しくなる)
お勧めします。
希望で再調整してくれるそうです。
試奏してみては?
c0167359_18173573.jpg
材料は松・ローズウッド。

あとは楽譜を物色したり福永さんと
自身のギターの聞こえ方などで
盛り上がり、楽しいひとときでした。

アオミ先生のブログ見た、というと
気軽に試奏させてくれますよ。
但しボタンやアクセサリーなど硬いものを
身に着けていかないよう気を付けてくださいね。






[PR]

by pokapokatempo | 2017-11-28 18:45 | つれづれ | Comments(0)  

パリ管弦楽団ブラス・クインテッドを聴く

c0167359_22314357.jpg
c0167359_22313770.jpg
2018/10/24の19:00からのパリ管弦楽団ブラス・クインテットの演奏会にまつわる催しに通訳要員として行ってきました。その会場。
演奏会前に、中学生のブラスバンドのワークショップに5グループに分かれてそれぞれのメンバーの指示出しの通訳をするというわけです。

私はステファン・ラベリさんというチューバの人のグループで、中学生のチューバとユーフォニウムのカルテットの指導のクラスでした。

まだ始めて1~2年の中学生たちが、世界的に有名な人らしい(私はあまり知りませんでしたが)このステファンさんに直々にレッスンを受けることはすごく幸運なことだろうと思います。

しかしながらその重要性をあまり認識していなかったのか、とんでもない演奏で私自身もちょっとびっくりしましたが、何よりもこの企画を打ち立てた方に大きな疑問を感じました。指導の先生ももうちょっと長くみっちり練習したもので、やはり精鋭を選んでおくべきだったのでは・・・。指導者用の楽譜も用意できていなかった・・。

もっとのどから手が出るほどレッスンをうけたかった人がたくさんいただろうになあ。

本当に普通の中学生がこんなチャンスにめぐまれるということはとても価値のある事のようにも思えますが・・。

とにかく彼はすごい気合でレッスンをして最後には、よくできたね、楽しむことが大切だよ、と言って終わりました。
このときばかりは<気合>というのは大事な時もあるな、と感じました。

私もフランスを離れて長くたち、フランス語に関してはすっかり忘れていることも多く、力不足で申し訳なかったと思いますが、なんとか最低限のことはやってきたつもりです。

吹奏楽部が流行っている感じですね。

コンサートは800席ほどがほぼ満員で
大いに盛り上がりました。

金管楽器のことはあまり認識がないので
この機会に少し勉強しておこうかな。
アレクサンダーテクニークの同僚の恵ちゃんはホルンなので少しレクチャーでもしてもらいます。




[PR]

by pokapokatempo | 2017-10-25 22:51 | つれづれ | Comments(0)  

やっぱりお勧めはこれかな

c0167359_21294898.jpg

先週ですが久々にFANAさんに行ってきました。
ギターを生徒さんと一緒に見に行きました。

エントリーからいろいろ見て
NAKADE
に決まりましたが、私もなかなかいい楽器だと思いました。

で、もともと今日のお勧めにそれの写真を撮っていたんですが
それが売れてしまったということで
それならやっぱり私はこれをお勧めしたい!

桜井・河野
スプルース・マダガスカル ローズウッド
70万です。

いままでみてきてはずれがない!
そして今回、各弦がはっきり際立って鳴る
という進化をしていました。

個人的には6本の弦がすべて均等に
(均等、には語弊があるかとは思いますが)
どこも沈まずに撥音する、
というのは大きなポイントで

そのニーズに応える出来で
嬉しかったです。

コンディションも安定していて
文句なし。
c0167359_21301495.jpg
ずっと河野はこのモザイク。
c0167359_21300127.jpg

糸巻きは堅牢なオリジナルです。


c0167359_21300670.jpg


c0167359_21301934.jpg
大阪市立大学のギタマンの数名が最初お店にいて
ギター選んでいましたのですかさず

市大から歩いて来られる
ギター教室です!
といって宣伝しときました。

ギター部はまた別にあるということで
どちらかというとそこに声かけるべきなんでしょうが・・。
ま、またご縁があればということで。


うちの教室から大和川の堤防をずうっと上流に向かって歩くと
結構すぐに杉本町の駅近くに着くんです。
最初、驚きました。
怪奇現象!?やと思ってました。

暇な人、一回試してください(笑)



[PR]

by pokapokatempo | 2017-10-03 21:43 | つれづれ | Comments(0)  

わコーヒー

c0167359_22020127.jpg

今日は生徒さんと住吉大社のわコーヒーに行ってきました。

このレモンケーキ

アイシングがレモンすっぱくて

めちゃうまい(て人のを横取りして)。


c0167359_22021506.jpg

レモンケーキ

アールグレイ

ブラウニー

店のブレンドコーヒー

c0167359_22020892.jpg

ナッツとか入ってなくて
シンプルでおいしい
c0167359_22021926.jpg

店の中から



c0167359_22073699.jpg

店の入り口です。


女の人ひとりでやってる焼き菓子のお店で、
とってもおいしいです
お勧め。

ただ不定休なんで
確かめて行ってくださいね!


[PR]

by pokapokatempo | 2017-09-25 22:52 | つれづれ | Comments(0)  

酒心館(藤井浩さんのコンサート)

c0167359_12511259.jpg

神戸の酒心館に
ぼんちゃんのコンサートをききに行ってきました。
もう5回目になるシリーズです。

テレビの影響もあってたくさんのご来場でした。


c0167359_12504176.jpg
先日弾いてくれた、深い愛や大聖堂、アンダルーサなど。

c0167359_12502809.jpg

休憩時間はドルサイナを子供たちと。

大人は利き酒で<ひやおろし>
というのが振る舞われました。

c0167359_12510139.jpg

今回はアルトとの演奏もあり
いろいろ楽しめました。


c0167359_12514710.jpg

 山中教授のノーベル賞受賞の祝宴に振る舞われた<福寿> この酒蔵の作品です。


c0167359_12512122.jpg

   ガラスのぐい飲みをひやかしたり。


石屋川、ちょっと遠いけど
行ってきてよかったです。

いろいろ考えさせられることもありました。

フランスを離れてスペインに行くとき
みんなで止めたんやけど
あれから25年

人懐っこいところがアルコイでは受け入れられて
水も彼に合ってたんやろうなあ。

パリでは何かと辛そうな彼でした。

人の人生ってわからない。
幸せもひとそれぞれ違うんだと思います。

この何年か日本に帰ろうかと毎年のように相談うけてたけど
どうやらスペインに居続ける決心をしたようです。

身体に気を付けて
頑張ってほしいです。
応援しています!


















★★★


[PR]

by pokapokatempo | 2017-08-29 13:06 | つれづれ | Comments(0)  

Pino Eterna の ミニコンサート&公開レッスン

c0167359_20553188.jpg
7/2の日曜は午後のレッスンを振り替えて
Pino Eterna
のミニコンサートと公開レッスンに行ってきました。

パルティー ポロネーズや
三つの秋の小品(プホール)
など
親しみやすいプログラムでした。
ソロもそれぞれにありました。

c0167359_20571845.jpg
公開レッスンには
当教室の平岡君にお勧めして
ガヴォット風ロンド(バッハ)
の公開レッスンを
松永氏より受けました。

この写真は、エリカさんがガボットとは
こんなステップ、
と見せてくれているところ。

舞曲が起源の楽曲は
もともとどんな踊りだったか
しっているのはとても
演奏のサポートになりますね。

でも何がきげんだったか
定かではないところが
難しいところです。


私も多いに参考になり
よいいち日でした。





[PR]

by pokapokatempo | 2017-07-04 21:06 | つれづれ | Comments(0)  

ギター探訪(ミゲル・コルドバ)

c0167359_12000465.jpg

なんかお勧めのありますか~?
などと、FANAさんに行ったついでにギター探訪。

c0167359_12001118.jpg

それならこれですね~と福永さんが出してきてくれたのは
ミゲル・コルドバ

マドリッドで二人で製作していた工房のものです。

ラミレス系の音がします。
材料がとてもいいです。
スペインの土の香りと都会の香りが
両方する楽器です。
国産にはない味わいです


パウリーノ・ベルナベとちょっと似てる。
それが高くて手が出なければ
これ、お勧めです。

しばらく弾いていない感があるのは
一つはバランスが少し必要(まんべんなく弾いてあげれば改善する)
あまりくたびれていない、という
一長一短がありますが
上質の松・ハカで
60万
なら文句はないでしょう。

弦高については私は少し高いなと思いますが
男性なら問題なく、購入の際にリクエストすれば
店で調整してくれますよ。

c0167359_12002344.jpg




★次回は中出俊彦をご紹介します。

[PR]

by pokapokatempo | 2017-06-25 12:10 | つれづれ | Comments(0)  

FANAオリジナルギター最後の1本

c0167359_22063146.jpg
     
ハウザーモデルです。一連のFANA、オリジナルギターの本当に最後の1本になりました。

今日見てきました。

なんか時間たってこなれてる!?

だれのものでもないのに(#^.^#)

弦長は650です。 杉、ローズウッド



c0167359_22063394.jpg
 3万近くの糸巻き付いています。
 この価格帯ですと破格の糸巻きです。

c0167359_22063795.jpg
 ちょっと写りが悪くて申し訳ないですが、今回の企画のラベル。
 HPでは<ヴィンテージ>となっていたかな...。

 24万円ならコストパフォーマンスは上々でしょう。
 もうなくなった松岡良治の工房で作製されているので良品です。

 初めてそこそこのギターを購入しようと思っている方、
 または、サイドギターに杉ほしいな、という方、
 にお勧めかな。

 うちの教室の方は値引き交渉いたしますよ。
 興味ある方はお声掛けください。

















 
    

[PR]

by pokapokatempo | 2017-06-23 22:16 | つれづれ | Comments(0)  

三国丘高校文化祭

c0167359_22511985.jpg

天文部はプラネタリウムです。

どんなふうになるのかとおもってたけど

結構見ごたえがありました。

このドームの中に天球と光源(ビーチボールの大きいのくらい)
があって四季ごとに位置をかえて(手で!!)
説明があって
なかなかおもしろかったです。

c0167359_22512436.jpg




c0167359_22514262.jpg

今日もお天気よく、中庭は若々しい風が吹いていました。

いやあ若いっていいなあ!

c0167359_22520935.jpg

垂れ幕も三年生はさすが、
よくできています。


うちの子は、ほかに雑誌部といって
文を書くクラブも掛け持ちで入っているんですが
その小冊子を金券で買ったり
飲食店をみたり

結構楽しんできました。

さらにSGH(スーパーグローバルハイスクール)という学年で40人の
研究チーム(昨年度三国丘は指定校のなかで全国で1位の
研究内容だったそうで)
に入り、いよいよ高校生活を
謳歌する娘です。
これは府か国かから助成なんかが出て
高度な研究ができるらしく
今後も楽しみにしています。

ちなみに小論文と面接で
合格したそうで、
2,3日はてんやわんやしてました(笑)

今のうちにたくさん
やりたいことをやって、人生のテーマをきめていく。
選択肢が多いほうがいいですよね。

がんばれ!





[PR]

by pokapokatempo | 2017-06-10 23:02 | つれづれ | Comments(0)