カテゴリ:カルレバーロ奏法( 2 )

 

ひゃあ爪削りすぎた!

c0167359_20363980.jpg


先日の本をすこしずつ読み進めています。

検証しながら進むと時間かかりますがそういう作業も結構楽しいです。

楽しいけどP指の動かし方、爪の削り方、

ああ、なるほどね~とか言いながら削る。

やりすぎんように控え目に・・。

弾いてみる。

ひゃああ

あかん! 距離足らん!

最近ギターの位置も変えてるし、Pまで変えたら空振り頻繁。

えらいこっちゃ!(笑)


もうすぐ発表会。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-11-11 20:40 | カルレバーロ奏法 | Comments(0)  

カルレバーロ奏法の本について

c0167359_20511485.jpg


久しぶりにこの本を読み直しているところです。

カルレバーロの長年の研究結果としてテクニックの為の4巻や、この原理の解説の本が出版されています。

他にも曲に沿った、カルレバーロ自身の運指や解説も出版されていますね。

例えば私はセゴビアでなくてカルレバーロ編でシャコンヌを弾いています(ちょっと自分なりに変更もしましたが)。
またこれも洗い直ししなければと思っています。

1978年に初版がスペイン語で出版されています。

高田元太郎氏により日本語訳で現代ギター社から出版されたのが1999年。

結構年数経ってきましたが、以前からカルレバーロ奏法についてもっと深めたいことがあったので、今回はアレクサンダーテクニークの見地から読み直したいと思っています。

以前よりは、身体の使い方には理解が深まっているのできっとカルレバーロのいいたかったことを理解していけるでしょう。
ただ、文章や写真や図解では限界があることは確かで、いちいち試行錯誤して読み進めていくつもりです。

よろしければおつきあいくださいね!
[PR]

by pokapokatempo | 2015-11-08 21:06 | カルレバーロ奏法 | Comments(0)