「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:トレモロ考( 9 )

 

トレモロ考 8

c0167359_18585211.png

こないだからシベリウスで作った楽譜をここに載せるのに苦労していました。結局シベリウスについているグラフィックのエクスポート機能でPNGという形式にしました。画面が欠けたりいまいちです。とにかくぎりぎりわかる範囲かなと思い今回暫定で掲載します。

解放弦の練習です。

右手を自由に使えていれば自分の思うニュアンスで弾けるはずですよね。
私がレッスンでオススメしているのは右ひじをボディの張ったところに固定しないということです。
固定するとこれらを弾くときに

・低音弦に行くほど小指側に手首を曲げる 

または

・右手首を曲げて(おいでおいでの方向へ)低音弦の方へ移動する

ということになります。
もちろんこれでもOKです。自分の思うとおりに弾けるなら。

とにかくお試しあれ!
[PR]

by pokapokatempo | 2013-03-01 19:10 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 7



爪が折れてから30日。長さに余裕が出てきました。
私は本番の時にはまだあと1週間分くらい伸びた感じで臨みます。理由を正直にいうと<空振り>したら嫌やもん!(^^)!です。但し i は写真よりもう少し短くします。


この録音では20日よりも爪の雑音が減っています。20日の雑音の理由は多分、30日のより短い分普段とちがう場所で弦に触れているから、と、フォームが少しだけ無理な感じになっているから、だと思います。

爪の長さに余裕があると弦に触れる許容範囲がでてきて弾きやすい(私はかなり大振りに弾くので)のと、ほとんどの音で弦が爪にしかあたってなく、弦に対する負担が軽い→軽く弾ければ持続性もでるし、ニュアンスもつけやすい(基本的には軽く、膨らませたいところを強く弾く)、と自分では考察しています。

爪の長さや形状はプレーヤーによって実にさまざまで、人のまねをしても同じ効果があるとは限りません。

がしかし!!
まずはどうすればいいのかスタートしないと始まりません。

c0167359_15212622.jpg

これは私の爪グッズです(*^_^*)
紙やすりだけでクチクチやっている人もいますが、私は木の台に紙やすりをゴムなどで固定して、真っ直ぐにつかったり角を使ったりして広く長く使うのが好きです。
この爪切りは韓国の空港でトランジットしたときにお土産屋さんで買いましたが、小さくて小回りが利き、切れ味もよくてデザインも可愛いしめちゃお気に入りです(^^♪(あんまり関係ない)。

順番でいうと
1.金属のヤスリで成形(できるだけ左右対称に+3本の爪が水平になるように)。
p の話はまた後日。
2.削ったところすべてに紙やすり(タミヤの2000番など)をあてる。
3.指から離れている場所すべてをできる限りセム皮で磨く(あたるわけないやんと思うところでもていねーいに磨く方がよいです。一回お試しあれ!!)

そしてギタリストへの道!としては、夜寝る前にこの作業を丁寧にやっておく、なのです。
練習する前に10分も20分もこんなことをやっていては練習に差し障ります。かといってやらなければきちゃな~い音で<ただ楽譜の音を出すだけ>になりかねません。そんな勿体ない!
夜を詰める、などといますがギタリストは例外なのです。
爪を切る(詰む)のが気になるなら削りましょう~\(~o~)/
最後にお気に入りのハンドクリームをつけてマッサージしてうっとりとお休みください。因みに私は<jurlique>というところのを使って爪の根元なんかもマッサージしています。

c0167359_15213694.jpg

このヤスリはヘンケルのですが現代ギター社の通販でも600円くらいで手に入ります。裏と表は多少、目の粗さが違います。ガラスのヤスリを使うこともありますが削れすぎるのと、ヤスリ本体がガラスなだけに割れたり折れたりするのであまりお薦めしません。

さて、爪が割れやすい、鷲爪だ、二枚になってしまう、などといろいろ問題はありますが残念なことにクラシックギターをやっていく限りある程度の爪の長さと健康な爪は必須です。上記のように愛情と注意をもってお手入れしてあげてください。そして栄養のバランスや生活のリズムなどを整えて健やかにギターを弾きましょう。
c0167359_15582996.jpg


ローマへの道は一歩から(なんか違うな)。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-31 15:52 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 6

c0167359_1543360.jpg
トレモロ考 2 の写真はサウスポーで構えてみたのを鏡に映したものでしたが、これが私の普段の構えです(鏡に映ったもの。右利きです。)。

写真では見えにくいですが右ももに滑り止めをおいて両手を離しています。とりあえず手や腕でどこも支えない状態をつくるようにしています。<弾くときに手や腕をギターを支えるのに使わない方がいいのではないか>という仮定において現行そうしています。

私は昨年まではエルゴプレイ(ギターレストのような補助具)を使っていましたが、今年から足台にだんだんチェンジしようと思っています。そりゃ足台使いたいですよ。なんてったって身体が自由です。ギターレストは自由に動けないので身体が硬くなる気がするし、エルゴプレイはその辺はましなんですがギターとの一体感がない。
アレクサンダーテクニーク的には(小野ひとみ先生や、アンドゥーヴァーの井桁典子先生)は足台を薦めはります。音は身体も骨も床も壁も伝っていくものだから、という考えなようです。

c0167359_1545270.jpg

滑り止めをとるとつるっと下へギターが落ちていきます。これくらいの負荷なら全体のバランスは悪くないと思います。

トレモロ考というよりはギターを弾く構えについての話になりましたが、間接的には<身体が自由でないとトレモロも自由に弾けない>という発想で書いています。
姿勢についてはまだまだ書くことがありますがまずみなさんも一緒に鏡に弾く姿を映してみましょう。そのとき顔は正面を向き、眼の高さを見るようにして全体をチェックしてみてください。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-23 15:34 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 5



今日で爪が折れてから20日経ちました。約3週間です。
前から<爪が折れたら元に戻るのに3週間>と思っていましたが、まさにその通りの日にちが経っていました。やっぱり3週間かかるか~(T_T)。
aの爪がだいぶ伸びたのでほぼ水平に一直線を描くことができます。


c0167359_1972387.jpg

さて、元旦に爪が折れてから最初に形を整えて、あとはそれっきりの形で来ましたが、今日はaの爪の両脇を削ってシェイプしました。これでaの小指側の抜け感がかなり変わり、コントロールもしやすくなるのでニュアンスがつけやすくなりました。かなりいつもの状態に近いです。

この写真はaの両脇を削る前の写真です。動画の方は削った後です。 よく見るとわかりますよ。
私自身はこれでまったく弾き心地が違います(波に乗る感じ)。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-20 19:13 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 4



元旦に爪が折れてから15日たったことになります。
10日目の録音時と比べるとかなり弾きやすくなっています。ぎりぎりこれで本番にも臨めそうです。


c0167359_1733472.jpg

爪の長さはこんな感じ。


c0167359_1735541.jpg

私は、こうやって見てみて、爪のラインが真っ直ぐになるように削るんですが、a の長さが足りません。


c0167359_1751839.jpg

弾いてる感触では、白い矢印の範囲が弾いていてまだ少し違和感があります。
この部分がうまく弦から抜けていないように思うんです。

もう少し a を伸ばして気に入った形にしたいと思います。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-15 17:09 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 3

c0167359_1257942.jpg

サウスポーで構えて鏡に映っているところを自分で撮ると<トレモロ考 2>のような写真になります。Facebookで同じことを問うと、といの一番に佐藤弘和さんにばれてしまいました。

これでトレモロが弾けるようになるまで、どのくらいかかるんやろ・・。

弾ける自分の右手のことをいくら語ってもあまり助言にならないかなと思い、ちょっとためしに左手で初心に戻ってやってみようという企て。
まずは解放弦を im のみで連打していくところから練習して、だんだんできることを広げていこうと思っています。

何から始めて、どういう順に進めれば効率よくトレモロが弾けるのか。

私自身は10歳からギターを始めて、高校2年生のときにトレモロはある程度できていました。そのとき大好きだったのがデラマーサの<暁の鐘>。もうあのイントロがたまらなく好きで浮遊感、というか情景というか。
しかし今から考えてみると全然弾けていなかったと思います。勢いだけで弾いていたって感じ。

そこから思うように弾けるまでに、10年くらいはかかったと思います。

c0167359_1257273.jpg

押弦の方も<見ちゃいられない>というくらいどんくさい。

結局頭でわかっていても、身体のほうはそう簡単には言うことをきいてくれないということです。

だからどうしたらよいのか!というところをアレクサンダーテクニークの知識も踏まえて考えていきたいと思います。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-12 13:15 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 2

c0167359_17303544.jpg

なにをにやにやしてるんかという話ですが。

この写真はおかしい!
まちがいをさがしましょう。







答えはのちほど。
※部屋が散らかってるとか言うのは無しね。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-11 17:36 | トレモロ考 | Comments(2)  

トレモロ考 1

c0167359_16553631.jpg

あの悲劇から10日・・・。
こんな感じになりました。

爪がなくなったらいろいろ試したいことがあったんですが、どのくらい爪が伸びたら自分のいい感じにトレモロ弾けるのかなと前から思っていましたので研究しています。

ちょっとこの状態でトレモロの曲の冒頭を弾いてみました。





動きに関してはそう違和感はありません。
ただ、<弦にしっかり届いてないな・・特にaの指>という感じ。
だから少し右手に力が入ってしまいます。そうすると疲れやすいかな・・。
 
今年は年初のレッスンで、<今年はトレモロをマスターしたいんです>という方が複数おられまして、なら一緒に考えていこうというわけです。いろいろな方向から考えてみたいと思います。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-10 17:05 | トレモロ考 | Comments(0)  

トレモロ考 プロローグ<元旦から爪折れた!>

c0167359_21502459.jpg

ぼわ~~!元旦から爪折れた!なんということだ!

暗い玄関で靴をそろえようとしゃがむと傘たてにお尻が当たりうまい具合?に前へ。靴箱の分厚い扉にちょ~~~~っぷ!ってなんでやねん!
<痛~~~!>と思い灯りをつけるとmとa の爪がなくなっていました。ぬお~。

c0167359_2156282.jpg

あまりの潔さに声もでず<写真とっとこ~>。


c0167359_2157031.jpg

ちなみに初詣のおみくじは<中吉>。
う~~ん。これってどう解釈すればいいの?私なんか悪いことした?(ぶつぶつ)

んもう!とついでに i の爪も削って爪がとっても短いバージョンとかいいながらギター弾いてます。

さあこの際に、爪の長さとトレモロの弾きやすさの関係などなど、<トレモロ上達>にまつわるいろんなアプローチをしてみたいと思います。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-01-02 22:03 | トレモロ考 | Comments(2)