カテゴリ:アレクサンダーテクニーク( 50 )

 

芦屋スタジオに行ってきました

c0167359_22195534.jpg


月に二回、芦屋のスタジオにポストグラデュエイトで行っています。

ひとみ先生は、現役中に教えそこなった!?ことを今3年生と一緒に補習しておきたいんよねえ・・とまだまだひよっこの私たちににやにやして言います。

ものすごく久しぶりにわれら6人がそろったので写真。

見学に来ていたほかの生徒さんもいるのでちょっと小さい目に掲載します(掲載をおことわりしていないので)。



c0167359_2220721.jpg


今日ゲストの八木先生の差し入れで、和三盆のクリスマスの小物たちです。ほうじ茶にぴったり(^^♪


c0167359_22224679.jpg


トレーニング後は覚さんと今度やるコンサートの予定の曲の合わせをやりました。

詩人の恋はいまのところ第5曲まで、ブラジル風バッハのアリア、落葉松、などなど、日本の歌も取り混ぜて。

武満も2,3やろうかと思っています。

思ったより音質などがバランスよく、PAは要らなさそうです。

もちろんないほうがいいです。

神奈川は4月29日、
大阪は5月28日です。

また追々お知らせしていきますね。お楽しみに!














★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-12-09 22:33 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

ひとみ先生ハッピーバースデー!

c0167359_22164572.jpg


先週、ポストグラデュエイトで芦屋のスタジオに行ってきました。
一期生の敦子さんも来て、ゲストティーチャーは東京からえりこ先生が来て、二期生の私、三期生の現役3年生3人、ひとみ先生と、7人でお祝い会。

芦屋周辺にはケーキ屋さんパン屋さんはグレード高い店が目白押し。
今回のは新規開拓のお店で恵ちゃんが予約してきてくれました。ワインもイタリアのいいのをプレゼント。

ひとみ先生はお酒強いので、<一人でいっぺんに飲んじゃダメですよ!>なんてお願いしときました。


芦屋のスタジオに来たらなんかほっとする。

通じ合う仲間がいてエクスチェンジレッスンして。

自分でワークする1時間ほどの静かな時間も貴重です。

卒業すると人にワークしてもらう機会が減るので、ここに来ると新しい気づきがあります。

そしてやっぱりひとみ先生はスゴイ。

ものの1~2分ほどで、問題点を確実に抽出。 ああそうなのか、というところまで導いてくれます。

これは一般人にはもう少し時間がかかるかもしれない。なぜかというと受け手の方にもインヒビションがあるほど効果が早く出るからです。


さて、HPなどで10回のコースのキャンペーンを告知してきましたが、2016年12月分レッスン末日までのスタート、で一旦締め切ります。年明けからは、セミナーや違うタイプの導入コースなど、周知に努めて行こうと思っております。

もちろん単発、3回のレッスン等引き続きやって行きますのでしばらくはそちらから経験してみてください。


その際に役立つのがお勧めしているひとみ先生のこの本です。

c0167359_22315288.jpg



やりたいことを実現できる<自分>になる10のレッスン



c0167359_2232775.jpg



10回の導入コースにはぜひにこの本を読んでもらいたい、というかまず一通りは読んでいただくことを条件としております。本がなくても理解ができないことはないですが座学によって理解が深まりますし、覚書にもなります。どんどん気づいたことを本に記しておいてほしい。

けして安いレッスン料ではありません。その分しっかり目を見開き、耳をすませてレッスンを受講してください。
このレッスンは<やってもらう>ものではないのです。自分を再教育する、その手助けを講師から受けている、そういう能動的なものなのです。

アレクサンダーテクニークは<動くため>にあるのです。


自分はできている、と思っている人はたいていできていません。

それは<I Know >。 知っている。 頭のいい人はこの傾向が強いです。

それらが、<I understand > 理解している、に なり、

<I can > できる

になりますように。















★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-11-20 22:39 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

初ヨガ!

c0167359_1941074.jpg


この秋から金曜日を定休日に決めて、休養か研究に当てています。

月に2回は芦屋のスタジオでポストグラデュエイトという制度により、在校生やゲストの先生とエクスチェンジをしたり、レッスンのお手伝いをしてスキルアップしています。

今日はヨガ。

以前からやってみたかったものの信頼できる指導者を見つけるのがなかなか難しいのと、自分がアレクサンダーの教授資格を取るまでは混乱を避けるために行くのをセーブしていました。

この夏、この先生なら指導を受けてみようと思う人がみつかったので初レッスンに行ってきました。

写真はほかの方々もおられるので遠慮しましたが
<アイアンガーヨガ>とよばれるタイプのヨガです。

ヨガの種類がいっぱいありすぎてわからない!でも話を聞いてまずここから、と思います。

c0167359_19104278.jpg


この本は図書館で借りてきましたが、なかなかヒット!

半分くらいの初心者用のポーズを体験してきました。

レッスン前には暗くして、ヨガの先駆者に祈りを捧げます。

c0167359_19121077.jpg


2時間たっぷり4人の少人数だったのでわたしもよく見てもらえてよかったです。

バンドを使って固定して伸ばす、なんていうのは私には新鮮。

最初は高度なストレッチ、という印象でしたがこれから行けるときに行こうと思います。

なぜヨガが広く普及するのか、アレクサンダーとは何がちがうのか、をじぶんなりに納得していき、
レッスンにうまく取り入れていこうと思っています。



























★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-10-15 19:15 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

認定証がロンドンから

c0167359_22383095.jpg


じゃ~ん!

ロンドンから認定証が届きました。

卒業のお祝いにほかのメンバーからもらった二枚入る額縁。

やった~~。みんなありがとう!

右のは芦屋校の認定証です。


c0167359_22465292.jpg




しかし苦労と時間がかかってそれが大変だったため
紙をみてもそれほど感激がありませんでした。

ひさしぶりに芦屋にトレーニングに行ってきましたが、
3年生はすごく成長しています。

ゲストの先生とエクスチェンジして、<いろいろ発見があった>と
いってもらえてうれしい!




日本でとれてよかったです。
現在STATの認定は日本では、芦屋校と関東にひとつだけある学校のみで、他はちがう統括の学校になります。

海外でとるということは、その間働けない上に生活費がかかり、学費は1年100万円ですから1000万近くかかることになります。
それは無理~。

芦屋校は来年で終わります。
6人のみの卒業生と最初から小野先生が決めて気合をいれて伝授したわけです。
ゲストの先生にも恵まれて環境は音楽ホール、スタジオと素晴らしい設備で勉強でき、幸運な6人のうちの私は一人なんだと今日また再認識してかえってきました。





















★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-10-07 22:52 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

モデレーションおわりました

c0167359_91655.jpg



ロンドンから審査員のピーターが来て3年生の私の卒業の審査をします。2年生は進級の審査。それぞれの進捗を本部のSTATにレポートします。

私は2年生のひとりと二人でモデレーションをうけましたが、全体に自然な流れがあり、手ごたえとしてはまあまあです。うっくん(2年生)もすごくよく果たしていたと思います。1時間半のモデレーションでした。


審査の時間は濃~~い時間が流れていましたが、おわった途端<ティーブレイク!!>とピーターが叫んで、モデレーターの方にも結構重圧かかってるんだな、と思いました。

いつもより少し遅い目のティーブレイクと残りはピーターを中心にみんなでワーク。
 ピーターは芦屋の滞在は最終日だったのでみなで別れを惜しみました。

さて、私は合格したんでしょうか。

残りは校長である小野先生と、副校長であるよし先生のOKが出れば卒業です。

卒業式にはプレゼンと演奏が残っています。
なかなかの厳しさです。

全てがうまくいけば予定通り8月からアレクサンダーテクニークのレッスンを始めます。


















★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-07-12 09:26 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

芦屋校仲間とランチです

c0167359_20561516.jpg


今日はアレクサンダーテクニークを学んでいる同僚たちとランチに行きました。

芦屋周辺はイタリアンを中心にたくさんのレストランがあり、とにかくしらみつぶしに行っているところです。

ここはジラソーレというレストランで美味しいです(レストランはたくさんありますがすべてが美味しいわけではありません)。

前菜のサラダ、明石タコ、ピザと言っていたけどどっちかというとキッシュのパイ生地版かな?

c0167359_2056328.jpg


パスタランチ 1300円です。

カルボナーラにしました。久しぶりにカルボナーラを食べました。

からすみと魚卵のパスタとどちらかを選びます。

今日は麺が太めのやつでした。





c0167359_2057799.jpg


今日の集まり。店の人が撮ってくれました。

トレーニングの進捗、意見など有意義な話をたくさんできました。

c0167359_20571692.jpg


これが外装。阪神芦屋駅近くです。

また行きたいです。






★★★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-04-29 21:04 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

デモレッスン後半

c0167359_22124629.jpg


卒業までの約半年の間、4人の方にデモレッスンに来ていただいています。

各10回のレッスンを経て、さまざまなフィードバックをいただきながら、自分の反省や、次回へのアイデアなどに繋げていきます。

各、7回ほど終え、そうするとだんだんと各人の傾向などがはっきり浮き彫りになってきます。
これはベテランになればもっと早くみつけることができるはずです。

そこに直接働きかけるのではなく、あくまで全体から見ていくところが面白いです。

単純にたくさんの経験が欲しいところです。
やればやるほど<ヒト>が見えてくる。

そして、自分自身が明らかになってきます。

こちらは一応指導する側なんですが、アレクサンダー・テクニークの性質上、自分がワークを徹底していなくては生徒さんの方に伝わらない、というものなので、トレーニングではかなりそこを厳しくやっていきます。

目の前に生きた人間がいるだけで、最初はすごい刺激になっていました。

そこを何度も訓練して刺激自体を見つめていきます。

まずは自分から。

これもアレクサンダーテクニークで、私がすきなところです。

さて残り3回ずつほどになってきました。

私の希望は、この10回を生かして日常でどんどん使っていってもらいたい、演奏にいかしてもらいたい、ということです。

自分でも試行錯誤を続けています。








★★★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-04-27 22:22 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

打ちっぱなしに行く

c0167359_22423854.jpg


アレクサンダーのメンバーでポートアイランドの打ちっぱなしに行ってきました。

私は20年以上前に一回だけ経験がありますがまったくはじめてに近いと言っていいでしょう。

ゴルフはイギリス発祥のスポーツだし
ゴルフについてはアレクサンダーテクニークはうってつけの指導効果があるとおもいます。



c0167359_22425575.jpg


あっ君で~す。今回最もゴルフについて経験ありそしてうまい(スコアをきくと<すごい>らしいです)。
うちの娘も混ざって指導してしてもらっているところ。

なんでも楽しそうなことは経験しときなさい!

よし先生も一緒に行ったんですが、よし先生もゴルフ経験はなし。
で、ちょっと自分で打って、次に娘のところに来て、こう来てこう動くとする、と軌跡を描かせて、
頭のバランスをとってやると
なんと。

理想的に打てる。

ゴルフの未経験者がゴルフの未経験者に教えても<ユース(体の使い方)>がアップするんですな!!

誇大広告か?よし先生がすごいのか!?

未体験ゾーンでした。












★★★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-03-28 22:52 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

異業種交流会

c0167359_11381826.jpg


今デモレッスンで生徒役で来てくれている企業人の友人の誘いで、異業種交流会に行ってきました。

前からちょっと興味あったのと、その友人を通じてとても誠実な会であると聞いていたので・・。

少しメンバーとも食事をしたことがあったりで行きやすい状況でした。

本来は定例会という形で決まった曜日早朝(9時までに)集まって活動されているそうですが、今回のはビジターに活動を紹介するといういつもとは違った運営だったようです。

大阪キャッスルホテルに6:45。

他にもいろいろなグループが活動しているようでした。

2分間で名刺をたくさん交換するとか、7秒で自己紹介するとか、活動の起こり(アメリカ)やその広がり、経済効果など。
ちょっと忙しかったけど、効率という意味ではやむを得ないでしょう。

私は<パフォーマンス トレーニング>を8月から開講するということで、プレゼンや商談であがってしまう人、緊張しすぎてしまう人など、トレーニングで改善できそうな項目を名刺交換の時に説明したりして、少しだけ認識してもらうよう心がけました。

個人的には、人事系の人に少し興味がありました。

今後の展開に少し展望や、自分への刺激になって面白かったです。

はっきりいって音楽業界とはなかなかに違いがあります(売上が最も大切)。


写真のPRESIDENT は、新聞の広告をみて買いました。一般や企業人ってこういう<瞑想>や<禅>なんかをどうとらえているのかなと、今の年代の人、それからちょっと経営者、なんかの立場から、雑誌社の見方から逆算して眺めてみました。

内容は大体は想像の範囲ですが、どこかのお寺さんの住職のページが面白かったです。
全体にはプレジデントっていう雑誌の割に若い人向けの感じでしたが・・。

ただがむしゃらに働く時代は終わりました。

どう働くか。

どの方向性で?

受験勉強では培えなかった<答えのない問題>を突き付けられたとき、もう右にならえでは済まなくなってきていると思います。

<和>は最も大切な日本の概念ですが、それはそれで大事に持ち、<自分のあり方>が問われる時代ですね。

アレクサンダーテクニークはそういうところに方向を示してくれます。というか自分で示せるようになってくるトレーニングなんですね。

禅を組んでも結局インプットしたものがお粗末であればアウトプットも厳しいでしょう。

さらに具体的にどうすればよいかわからない。ただ、回数を重ねれば気づきは増えてくるでしょう。

この辺りはアレクサンダーテクニークと似ていないこともないです。

アレクサンダーテクニークは日常ですぐ使え、そして目的は瞑想してひらめきをえることではなく、<動くため>であるということが優先されている(これは各自の利用の仕方にもよりますが)というところが違うかな?

深めれば結構近いとは思いますが(あくまで想像ですが)。


















★★★★★
[PR]

by pokapokatempo | 2016-03-20 22:45 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

坐骨について

c0167359_21591930.jpg


ちょいと一週間ほど学校休みになっております。
実習が始まってすごく発見が増えました。

自宅教室ではハンズオンはせずに、口頭でいろいろな指示を出してわかりそうな人から本当に一項目ずつアレクサンダーテクニークを学んでもらっています。

すぐに音が変わるから、本人もびっくりします。

ロッキングチェアは骨盤のたとえにできます。

c0167359_21592930.jpg


私たちが椅子に腰かけるとき、座面では坐骨が上半身の体重を受けてロッキングチェアのように使われます。

■やってみよう

膝より低い椅子に座ってお腹を緩めたり、背筋を伸ばしたりすると短い距離ではありますがハの字に坐骨が使われているのがわかります(お肉のいっぱいあるひとは微かに・・・)。
お腹を緩めると後ろの方、背筋を伸ばすと前の方を使っている感じ。

図の<虫みたいなところ>は仙骨です。
背骨の下部の終わりの方。
細いところは尾骨で少し内側にまわって終わっています。

仙骨から背骨が上へ伸びている、そして頭とのバランスをとっている。
坐骨が揺れるのを、頭がい骨が背骨のトップでバランスをとっていると考えながら、やさしく前後して確認
してみましょう。

<気をつけ>のようにびしっと背筋を伸ばすのではなく、あくまで頭とのバランス、ということに注目しながらしなやかにやってくださいね。

背筋をびしっと伸ばすことは日常では持続しません。

ただバランスと、いまは視線を目の高さに保ってみる、くらいで楽に長く背骨が使われる感覚でやってみましょう。

多分これで猫背から一歩脱出できます。

そして力みをすこしずつ解除しましょう。つまり上半身の体重を坐骨へおろしていく、という感じです。

楽器はきつく締められるのを嫌います。響かなくなるからですね。

ギターを膝に。ふんわり右腕をのせて、開放弦でゆっくり弾き下ろしてみましょう。

いままでより響きませんか?

おまけとしては、そのまま弾弦サイドのボディの張ったところの横板に耳をぴったりつけて、解放弦を
⑥から①まで、pでゆっくり。

箱いっぱいに音が響いて楽しい。

そして最後の響きがなくなるまで<じっと>きいてみてください。

こんなに長く響いてるんですね。



続きはまたこんど。
[PR]

by pokapokatempo | 2016-03-15 22:09 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)