カテゴリ:過去の演奏会・催し( 108 )

 

アイリスカフェのコンサート

c0167359_21205173.jpg
2013年7月21日、守口駅前すぐのアイリスカフェ3階サロンにて長岡克己氏とデュオコンサートを開催しました。
連日の暑さにもかかわらずたくさんのご来場ありがとうございました(*^_^*)

c0167359_212109.jpg

プログラムはロンドンシンフォニーより第一楽章、一夢人、ラ ネージュ、ニュー・シネマ・パラダイス、KAZE(ギターデュオバージョン)、セヴィリアの理髪師より序曲、白雨、プホールのプレリュード、月歌(gekka)
アンコールに、弥生(土井浩樹)、月下の残像(長岡)。

c0167359_21211356.jpg

ソロではラ ネージュと ニュー・シネマ・パラダイスより、ニューシネマパラダイス、初恋、を演奏しました。
とってもいい編曲で(竹内永和編)、勝手に短縮して弾いていますがこれからもレパートリーにしたいです。

c0167359_21212115.jpg

打ち上げは今回主催してくださった大阪ギタースクールで乾杯。ギター談義に花が咲きます。井谷光明さんのギターが印象的でした。ただいまドイツに留学中の期待の若手ですね。頼もしい!

さて、長岡氏と言えば夏。
毎度、暑さとエアコンの音、湿気、に悩まされますが、これもまた味ということで。
トークが苦手とおっしゃる長岡氏ですが、イタリアでの演奏会ではずいぶん話されていましたよ。多分緊張すると日本語がでてこないのではないか・・?と私は推察しています。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-07-22 21:36 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

第24回ミニ発表会の様子

  2013年3月24日、清水丘ギター教室にて第24回ミニ発表会を開催しました。
c0167359_1859212.jpg



c0167359_18592838.jpg

アラビア風奇想曲


c0167359_18594126.jpg

第三の男

c0167359_190081.jpg



c0167359_1901184.jpg

ハナミズキ


c0167359_1902774.jpg

Adamas


c0167359_1904111.jpg

スカイグラデーション , For you


c0167359_1905366.jpg

sakuraによる主題と変奏


c0167359_191520.jpg

カナリオス 、 月光


c0167359_1912080.jpg

愛のワルツ 、 シークレットラブ(武満編)


c0167359_1913396.jpg

らいおんハート


c0167359_1914818.jpg

耳がでっかくなっちゃった!

 私はAsuka(佐藤弘和)とチェロ組曲1番のプレリュードを弾きました(*^_^*)
[PR]

by pokapokatempo | 2013-03-24 19:09 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

あべのグループフェスティバル

c0167359_1941011.jpg

2013年3月9日土曜日、阿倍野市民学習センターにてグループフェスティバルに参加しました。
今年で17年目の活動に入るクレシェンドギタークラブの舞台発表です。


c0167359_1942712.jpg

午前中の舞台ですがお客様もたくさんおられ、ちょっと緊張しましたが、なんとか4曲弾きおおせて満足満足。
演奏曲目は<赤いスイートピー><第三の男><さくらんぼの実る頃><学生時代>でした。


c0167359_1944818.jpg


c0167359_195488.jpg

これは控室で最後の合わせをしているところです。


c0167359_1952558.jpg

当日はたくさんの展示などがあり見るのも楽しいイベントです。

c0167359_1954138.jpg

お茶席


c0167359_1955576.jpg

キルト


c0167359_196629.jpg

アレンジメントフラワーなど
他にもたくさんの作品展示、舞台発表が行われました(*^_^*)
[PR]

by pokapokatempo | 2013-03-10 19:13 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

第23回ミニ発表会

c0167359_21165932.jpg

2012年12月23日(祝)に清水丘ギター教室で第23回ミニ発表会を開催しました。
演奏曲目は次のとおり。
ラ ネージュ(長岡克己)
ピュアナイト(片岡 衛)
For you(デュオ)(片岡 衛)
禁じられた遊び
ペチカ・冬の夜・きよしこのよる
イエスタデイワンスモア(デュオ)
「いちご白書」をもう一度(弾き語り)
悲しみの礼拝堂・11月のある日
プレリュード第1番(ヴィラ・ロボス)
タンゴアンスカイ・鐘の響き

c0167359_2117941.jpg

c0167359_21174677.jpg
c0167359_2118885.jpg

私は娘とイエスタデイワンスモアを弾いて、ソロではタンゴアンスカイと鐘の響きを弾き、今年の弾きおさめとしました。

みなさん今年もたくさんお世話になりました。いろいろな道具の出現でますます便利になっていく世の中ですが、ギターってその逆ですごく手や頭やからだを使って、時間をかけて練習して、いろんなアイデアを吟味してやっと人前で一曲弾けるというしろもので・・。でもだからこそ大切にしていきたいと思います。

来年もまた一緒にギターライフを楽しみましょう!
[PR]

by pokapokatempo | 2012-12-28 21:36 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

第18回発表会の様子(第Ⅱ部)

昨日の続きです。まずはクレシェンドギタークラブから。
c0167359_12501171.jpg

赤いスイートピー、第三の男、タンゴ アン スカイ、見上げてこらん夜の星を


c0167359_12504160.jpg

1st.

c0167359_12505316.jpg

2nd.

c0167359_1251397.jpg

3rd.

c0167359_12512515.jpg

ショーロ、Daza in Eminore


c0167359_12513682.jpg

魔笛の主題による変奏曲


c0167359_1251561.jpg

カヴァティーナ、ソナタ(K11)


c0167359_125296.jpg

トリオ演奏で 見つめていたい、スカイグラデーション、For you


c0167359_12522077.jpg

グレードテストで愛のロマンス前半、真珠とり

c0167359_12523873.jpg

合格!


c0167359_12525210.jpg

講師演奏でラグリマ、アラビア風奇想曲、アルハンブラの思い出
メガネがずり落ちそうで気になります。

以上すべての演奏者と演奏風景でした。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-11-10 13:00 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

第18回発表会の様子(第Ⅰ部)

発表会のすべての演奏者の写真がそろいましたので掲載させていただきます(*^_^*)写真協力は大西晶夫氏です。ありがとうございます!まずは第Ⅰ部。
c0167359_21224335.jpg
紫陽花


c0167359_2123543.jpg
ピカピカ、あいつ


c0167359_21232466.jpg
フェステラリアーネ


c0167359_212729.jpg
グリーンスリーブス、ワルツ


c0167359_21272114.jpg
リオの哀愁、女ひとり


c0167359_21273457.jpg
Asuka


c0167359_21274683.jpg
里の秋、赤いスイートピー


c0167359_21275983.jpg
11月のある日、悲しみの礼拝堂


c0167359_2128126.jpg
天使の死


c0167359_21282515.jpg
スノーブロッサム、ジ エンターテナー


c0167359_21374130.jpg
集合写真です
[PR]

by pokapokatempo | 2012-11-09 21:38 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

第18回清水丘ギター教室発表会

c0167359_9365282.jpg
まだ1年経ってない茉子ちゃん。グリーンスリーブスとワルツ、素晴らしい演奏でした。このワルツは私が初めて人前で弾いた短い曲なんですがそのときのことをとってもよく覚えています。茉子ちゃんは私がギターを始めたのと同じ小学5年生です。


c0167359_937275.jpg
佐藤弘和さんの<Asuka>を演奏中。トレモロのきれいな和風の曲です。中間部のリズミカルなところは結構やっかいなんです。それと曲の終わりのほうに落とし穴があるんです。わたしももう少し練習します。トレモロ上達されましたね!

c0167359_937939.jpg
<赤いスイートピー>の弾き語り。声が渋いんです。ファンができそうです。


c0167359_9371976.jpg
ジュニアのアンサンブル。<スノーブロッサム>と<ジ・エンターテナー>練習量のわりにはうまく行きましたが作曲者からダメだしでましたのでやり直し。そうやってうまくなっていけばいいんです。


c0167359_9373021.jpg
わあわあいいながらの集合写真です。


c0167359_9373811.jpg
第二部ベテランぞろいです。Mさんはモレルの<ショーロとダンサEm>を演奏。好評でした。


c0167359_9375152.jpg
Tさんです。魔笛を19Cギターで演奏。最初の和音の響きとても印象に残りました。今年の目標達成ですね。


c0167359_938321.jpg
トリオでポリスのアレンジと片岡さん(サード)本人のオリジナル作品、<スカイグラデーション><For you>を演奏。流れるようなイメージです。とてもよかったです。


c0167359_9381346.jpg
打ち上げの様子です。みんなお友達になりました。楽しいです(^^♪

c0167359_9382269.jpg
必要以上に盛り上がっております。大きなジョッキがどんどん空に・・。
これが一番のお楽しみなようです。お疲れ様!!
[PR]

by pokapokatempo | 2012-10-30 10:02 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

公開レッスンの模様です(7月15日)

c0167359_2133044.jpg

7月15日は公開レッスン。
この二人はギターを始めて2年と少し。今回は松居先生がいちむじんの為にかいた<紫陽花>をデュオで受講。
まずデュオの心得や曲の冒頭の息の合わせ方などをみっちり。
どういうことが大事だと思う?どうすればいいと思う?などと生徒さんの力を少しずつ引き出しながら進めていく。二人は公開でのレッスンは初めてでとても緊張気味だったけど精一杯の力で臨み、とてもよかったです。よく頑張ったね!!

c0167359_2135845.jpg

二番目はアルハンブラの思い出。
受講生のレッスンにとどまらず、聴講の方たちのためにもいろいろなトレモロの練習法を紹介していただき、とても参考になりました。

c0167359_2141490.jpg

休憩・・・のつもりが私のたってのお願いで二胡のてほどき。
奏者からみると前後二本のスチール弦の間に弓が予め挟まっている状態で、弓を前の弦に当てたり、後ろの弦に当てたりしてこするように演奏します。

c0167359_2145284.jpg
持ち方がこの上なくぎこちないが<きらきら星>をぎ~こ~ぎ~こ~と弾きおおせて終了。笑いと汗しか出ない。
弓の重みを楽器に任せてしまい力を入れずにすうっと引く(押す)とよい音がでるのはギターと同じ。ただギターの経験の長い松居先生は、<二胡は自分の思うまま自由に弾くことができやすいのに比べて、ギターという楽器は制約が多く大変難しい楽器だと思う>とおっしゃっていました。

c0167359_2151756.jpg
後半長岡先生にバトンタッチ。魔笛の主題による変奏曲。まあ制約の多いギターでなんでこんな難しい曲を、といいたくなるような様々な要求が織り込まれたこの作品は、なんといってもギタリストなら必ずやってきた曲であり、練習生には素晴らしい課題でもある。古典の代表曲といえる。しかしただ弾けるというだけではまったくだめで古典期の形式、習慣、魔笛自体の知識など本当の力が試される曲です。

c0167359_2154050.jpg
最後は<エンデチャとオレムス>。音の流れ、つながりを立体的に理解していなくては弾けない作品。名古屋のコンクールに準備しているという受講生。録音前に意見をききたかったそうで、いろいろと勉強になったそうでなにより。自由曲の<朱色の塔>も部分を少し。
長い一日が終わったらビールで乾杯。
長岡先生の<サウダード3番><魔笛>ヴィラロボスの<エチュード12番>ヘンデル、ヴァイスなど皆で堪能。なによりの贅沢でした。
ギター好き万歳。でも飲むのはほどほどにね(^^ゞ
[PR]

by pokapokatempo | 2012-07-18 21:25 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

二胡とギターのコンサート

c0167359_21153192.jpg

2012年7月14日阿倍野学習センター講堂で<二胡とギターのコンサート>を開催しました。
松居孝行氏(二胡)、長岡克己氏(ギター)のデュオは高知県から朝の便で到着。とんとんとんと段取りよく準備し、おにぎりを少し食べて本番。
この講堂は音響はいまひとつなのですが、今日は舞台を使わず横使いで初めてやってみたところいつもより響きがよい!舞台に上がるからいまいちだったのね、とひとり納得。

c0167359_21161960.jpg

プログラムは以下のとおり。
◆二胡&ギター
KAZEより第二楽章<アリア>(長岡作品)
太湖船(中国民謡)
水鏡(松居作品)
アメリアの遺言(松居編)
◆ギターソロ
白いワルツ(長岡作品)
七つの子(松居編)
B-Skip (松居作品)
◆二胡&ギター
紫陽花(松居作品)
水鏡(長岡作品)
月下の残像(松居作品)

アンコール
ゆうやけこやけ



c0167359_2116442.jpg

照明も楽譜が見える程度にうまくあたって舞台のような熱さがなく調弦も安定。雰囲気もサロンコンサートらしくなかなかよい。うちの教室の主催なので少しギターソロを多めにお願いします、と事前にリクエストすると真ん中にギターのプログラムをはさんでもらえました。

c0167359_21172914.jpg

松居氏の整頓されたお話と長岡氏のおとぼけトークが軽妙。いいバランスで後半どんどん調子が上がり休憩なしの1時間20分があっという間でした。おなじタイトルで各自が曲をつくるというアイデアも興味深く、松居氏の<リ・サフォン>という作曲時のペンネームが二人の娘さんの名前から来ていることも判明。

c0167359_21175020.jpg

二胡もギターも心静かな音楽が多いのですが静かなのに熱いという大人な音楽を堪能させていただきました。素晴らしい演奏に感謝します。そしてたくさんのご来場ありがとうございました。

せっかく大阪に来たのだから<こなもん>がたべたいというお二人と数名で千房で打ち上げ。おいしいといってくださいましたよ。次は公開レッスンです。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-07-16 21:44 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

<ペーニャ>という催し

c0167359_2130458.jpg

フラメンコスタジオ<カストロマリン>。アメリカ村にある諸岡誠仁さんが主宰するフラメンコギター教室。その催しである<ペーニャ>にゲストとしておよびいただいた。光栄なことだ。


c0167359_21302586.jpg

<ペーニャ>のもともとのイメージはこうだ。
スペインの居酒屋で皆が集まって飲み食いしている。そこにアーティストがやってくる。たとえばそれがギタリストだとして、今夜は飲み食いをただにするから一曲弾いてくれ、とまわりがいう。アーティストは気持ちが乗れば弾くし乗らなければ弾かない。居合わせた人々は運がよければすごい演奏にお目にかかることもあるし、ダメな場合もある。それは運任せ。

c0167359_21304940.jpg
これは諸岡さんとデュオをしているところ。カルリの<ラルゴとロンド>のロンド。ガロティンというリズムでうまく合うのだという。諸岡さんはフィーリングでどんどん弾いていく。
なかなか好評。

c0167359_21311298.jpg
これはカホン(スペイン語で箱)。打楽器で、一部ギターの弦をかませてあったりするものもあり、ビーンという音がまじって土臭くていい。

c0167359_21312643.jpg
これは諸岡さんがカホンをたたいているところ。このほかパルマ(手拍子)などとにかくフラメンコはリズムが最優先なのだという。音量が必要でギターをアポヤンドで強く弾くのは主にそのためだ。

c0167359_2131465.jpg

会が終わってもメンバー(主に生徒さんたち?)が残って何やら始まると、踊る人、パルマを入れる人、カホンをたたく人、歌う人、と輪ができて大盛り上がり。
とにかく怒涛のリズムと熱気でクラシックとは違うなあとおもいつつ、しかし好きな気持ちはどのジャンルも同じということを確かめて帰路につく。
ブローウエルのプレリュード・エピグラマティコスがカラーが大きく違ってみなさんに印象がよかったようだ。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-06-18 21:46 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)