映画鑑賞

昨日の運動会で振り替えの休日になった。<パコと魔法の絵本>を娘と見に行く。阿部サダヲが好きなので結構楽しい。いろんな物事の寄せ集めで少々食傷気味だが思ったよりもずっと面白かった。関西弁の人(最近はテレビアニメでも必ずといっていいほど一人関西弁の役が入っていて興味深い)の扱いを<あ~これが典型的な浪速のキャラなんかな~>と妙に客観的に見る。ダウンタウンが売れてから、全国ネットでも関西弁を隠さずに話す人が増えたように思う。確かに東京に行くとベタベタの関西弁の私はなにか居づらさを感じる。前に名古屋で演奏したときには<大阪の人はもっとこってりした演奏かと思いましたが違いますね>・・・いったいどういうイメージを持っているのだろうか。
c0167359_073371.jpg










帰りにペットショップをのぞいた。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-30 00:08 | つれづれ | Comments(4)  

Commented by 熊猫 at 2008-10-01 10:12 x
阿部サダヲと言えば『舞妓は~ん!』も面白かったですよ。個性が光る役者さんですね・・・・・。
私の演奏はこってりしていると自分ではおもいます。(^^; 
まぁ体型もこってりしてるけどね~♪
Commented by pokapokatempo at 2008-10-02 07:01
脂が乗ってますね~(体型のこととちゃうで)
Commented by hirotsugu@horn at 2008-10-02 17:29 x
パコ〜はCM見ただけだけどあれ役所広司なんですよね・・・
舞妓haaanの阿部サダヲわろた(^フ^)
共演の堤真一は関西ネイティブだから、われわれがふだん話してる関西弁と同じでぜんぜん違和感なかったです。
Commented by pokapokatempo at 2008-10-02 23:35
hirotsuguさん そうです。役所広司。メイクにすごく時間がかかるとテレビで言っていました。堤真一は何かの記事で西宮の人だと記憶しています(・・・まちがってたらすみません)。

<< 抽選会 やっぱりさかなやった >>