ええ~っ!?

c0167359_22463447.jpg
ケースを開けたら弦が切れている。持ち運ぶとたまにこういうことがあるが、しばらくは家で練習の日が続いていたのに・・。原因は<カプリコーンの夢>だ。5弦をシに上げる、すなわち全音分も巻き上げるからだ。他の曲はラに戻し・・と連日やっていると巻いてある細い金属が切れた。チップをつけていたのでもう一度同じ弦をぎりぎりの長さだが張りなおせた。実はセカンドギターの方でも<カプリコーンの夢>で練習中に5弦が切れたのだ。も~。とてもいい曲なのに。でも本番中に弦が切れたらいやだな~。全体のピッチを438にしたら少しは負担が軽くなるかな~などと悪あがき。
他には先日のレッスンで生徒さんが持ってきたポンセの6つのプレリュードを少し見た。留学中に少しやった覚えがある。いい曲ばかりだけど一曲が短い。しかし独特の世界に連れて行ってくれるので好きだ。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-09-22 23:01 | つれづれ | Comments(2)  

Commented by hirotsugu@horn at 2008-09-24 07:55 x
自分もこのまえ連続で2本切れましたよ−。
緩めずにほったらかしてたらかな(だめじゃん)。

ピッチってどんどん上がってるみたいですね、
バロック時代からだと半音くらい違うとか。。。
ベルリンフィルは445くらいじゃないかって言ってた人がいます。
Commented by pokapokatempo at 2008-09-24 22:32
hirotsuguさん 弦は振動で切れることが多いですね~。ピッチは移動手段が馬車などから飛行機にかわったほどですから半音でも少ないかも。いや、この記事もただちに世界のあちこちで見ることが可能なんですから全音くらいでもおかしくないと思います(いやもっと?)。ハヤイモノガチな現代ですから・・・しかし私は逆行中。

<< 栗拾い Niebla (霧) >>