KAZE

今度一緒にやろうとしているフルートとの合わせ。フルートとギターのための作品、KAZEは、3楽章からなり、南米風のリズムとゆるやかな二楽章が美しく、印象的。作曲者の長岡氏にレッスンをお願いする。ひさびさにギターを弾く。指いた。KAZEは少々難しいところがある。楽譜はイタリアのアルメリン社から出版されているが、日本ではホマドリームでも扱っている。c0167359_2334648.jpg
練習後のお茶の時間に<ガラコンサートとはもともと何か>という話題に。
gara(伊)は競争、競演、対抗試合などの意味があり、それぞれの出演者が腕を競い合う集まり、演奏会、ということで落ち着いた。
[PR]

by pokapokatempo | 2008-08-19 23:10 | つれづれ | Comments(2)  

Commented by hirotsugu@horn at 2008-09-08 16:49 x
武満さんの「海へ」は聴きやすくて好きです♪(あれはアルト?)
ガラコンサートってリサイタルの多人数版だと思ってました・・・
Commented by pokapokatempo at 2008-09-09 00:18
hirotsuguさん コメントをありがとうございます。9/9版に<海へ>について書きました。私もとても好きな曲です(しかし難しいです)。
ガラコンサートはリサイタルの多人数版・・それで合っていると思います。アオミ

<< ミーヤのベッド 清水寺 >>