兵庫県立西宮高等学校にアレクサンダーテクニークを教えに行ってきました

c0167359_22490757.jpg
2017年9月27日、10月18日と
兵庫県立西宮高等学校の音楽科40人の生徒たちに
教師4人でアレクサンダーテクニークの
レッスンに行ってきました。
阪急、甲東園にあります。

夏の4人のコンサートのゲスト
石井さんは、フランスでは公的な学校で
アレクサンダーテクニークの講座があるから
結構知っている人がいるよ、
と聞いていたので
日本でも早くそうなればいいな、と思っています。

私は一回目はピアノ科、
二回目はヴァイオリン、声楽、打楽器の
生徒さんたちそれぞれ10人ずつに
問題点や質問などを聞きながら
一人ずつハンズオンしていきました。

私がとても興味があったのは打楽器の生徒さんで
<ピアニシモで連打したい>
ということなので順にワークして
最後にはいいピアニシモの連打ができ
本人も<足なんですね>
と納得してくれたので
うれしい経験でした。

私はギターしか弾けませんが
ほかの楽器でも原理はおなじ。
首の自由さと体の方向性、
それを統合する力、タイミング
若いはずの高校生も
ひざを曲げても連動して股関節は曲がらない、
という実体験をして
もっと自由な体で弾こう!
というくくりになりました。

楽器はたいてい直接足を使わないけど
足の意識がないと体全体では弾けなくなります。
腕ばかりに意識が行きやすいですが
局所的に使わないことで
広く使えるようになります。
興味の湧いた人は
ぜひレッスンに来てください。

1月8日には東京でワークショップが決まりました。
ギターに特化してやります。

大阪でもちょっと考えているところです。

ぜひレッスンにきてくださいね。




[PR]

by pokapokatempo | 2017-10-19 23:04 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

<< パリ管弦楽団ブラス・クインテッ... カズオ イシグロ、ノーベル賞や... >>