河野ギター2種

c0167359_1724556.jpg

◆KOHNO 66万円


今日はFANAには、カルレバーロの教本を買いに行ったのですが、ついつい眺めると<ちょっと弾かして~>となります。

手当たり次第に弾いても印象がぼやけるだけなので、同じ銘柄で値段のランクが違うものを弾いてみました。

河野、66万円。これは今70万円に値上がりしたのですが、この個体に限り66万に据え置き、ということでしたのでお買い得です。

ああ、いいですね。とにかく高いレベルでいろいろなことをクリアしています。

<それで42万のを弾いて違いがわからんかったらどうする?>などと福永さんに冗談をいいながら・・・・。

c0167359_1725813.jpg

◆KOHNO42万円

たは~!
全然ちがいます。
24万円分((笑))!!

実感した差は20万くらいですけど。

もちろん42万円ですから全然悪くありませんよ。

いろいろクリアしています。バランスもよい。

ただ、音の厚みがないんですね。かわいらしい音ですが。

当然ですが材料に大きな差があるんです。

先に66万の方を弾いてしまったので可愛そうなことになってしまった。よしよし。いい子だ~。
サロンコンサートくらいで弾くには十分ですよ。それに42万円というラインは本来はなくて、たまたまできてきたらしいのでワケありなのかな?

40万くらいでさがしている人にはお薦めです。
アオミ先生のブログで見た!というと値引きしてくれると思います。

私もKOHNOを持っています。
今でも可愛がってますよ。コンディション良く、長く使える楽器です。
[PR]

by pokapokatempo | 2015-09-29 18:10 | つれづれ | Comments(0)  

<< どんなときも。 FUKUNAGA ギター とそ... >>