みなさんありがとう

c0167359_11375333.jpg


生徒さんから、先日発表会が延期になったときの子供たちへのお菓子をお預かりしています。

<ハロウインに因んでるし、早く食べた方がいいと思いまして・・>とおっしゃって。

毎年発表会の時には、安価なものでいいので子供たちにお菓子を持ってきてあげてください、と大人の生徒さんたちにお願いしています。子供たちはそれを楽しみにしています。
演奏が終わって、お菓子をもらってそのあと家族でご飯を食べに行ったりする、という形ができあがりつつあり、レッスンで<早く発表会こないかな~>などというのをきくと<かわいいな~>と思います。

今年は残念なことに台風で延期になりました。

でも大人たちはみんなの成長を心から応援しているんだよ~~♪

そういうわけでこのお菓子はレッスン時にお配りしますね。

もちろん1月にもお菓子を用意しますよ!!

新しい演奏に向かって頑張ってもらいます。


1月の発表会では、練習で同じ曲に飽きた人は違う曲でもよいことにしています。
曲への愛着は大切なことだと思いますので・・。

それから新たにグレードテストを受ける方も視野に入れてもらって結構です。

もちろん同じ曲を追及する、これが一番のお薦めです。
譜面を立てる予定だった方も、暗譜で弾くことに挑戦してみてください。

当然ですが私は20年以上弾き続けているなんて曲があります。
その都度出来栄えや弾き方は変わっていくものですからそういう変遷も大切にしてくださいね。

人前で弾くって特別なことですよねぇ。

私も何回やってもなかなか満足にいかないし、弾く前の準備や緊張といったら<なんでこんなことを決めてしまったんやろ・・・>と後悔する。

体調が悪くなったり、寝不足やったり、他の重い用事が突発的に起こったり、家族が病気になったり、他の演奏会が重なったり、指の調子もいまいちやなあ、とか。

数えるときりがないです。私は演奏のときコンディションが最高や(天気も含めて)!ということはめったにありません。

演奏会や催しなんかで難しいことは<その日、その時間に、ある程度のコンディションを保持しておくこと>、なんですね。

そしたら、なんかわからんなりにも<流れを読む>という感覚が大切です。私はちょっと慎重すぎるところがあるので、なかなか軽やかにはなりませんね・・かとおもえば若いころは勇気を出し過ぎて怪我することもしばしば。アレクサンダーのひとみ先生には<保険かけたらそれを使わないと!!>なんてダメだしされてます。

みなさんはどうですか?
[PR]

by pokapokatempo | 2014-10-23 12:08 | つれづれ | Comments(0)  

<< 本日のケーキ(抹茶のケーキホワ... エレガーノ摩耶にてコンサート >>