エレガーノ摩耶にてコンサート

c0167359_12371688.jpg


月曜日は、エレガーノ摩耶というところでコンサートしてきました。

なんかこのスペースは千と千尋の神隠しに出てきた場所と似てますよね。暖かい照明と和の様式っていうムード。この施設は神戸製鋼の運営しているちょっとリッチ系のシルバーケアの建物です。

3人のマダムの話の内容は<最近の子はこういう絵画を理解しようとしないわね~><家にあっても掛けかえるなんてこともしないでほったらかし・・。>などというやはりリッチ系の会話でした。

c0167359_12372930.jpg


敦子さんメイク中。

c0167359_12374350.jpg


敦子さんメイク中パートⅡ
(なんか色っぽい)


c0167359_1238037.jpg


この写真は敦子さんのお母様が撮ってくださったので敦子さんは照れています。
ちなみにしょっているのは敦子さんのヴァイオリン(薪ではありません)。

今日の写真は敦子さんのお母様が撮ってくださいました。感謝です。

なんか私の手がアンドロイドになってる!!

覚さんは好青年風(最近わけがあって王子と呼んでいる)。


c0167359_1238118.jpg


少年時代
ひょっこりひょうたん島
タイスの瞑想曲※
赤い花白い花
遠くへ行きたい
カフェ/ボーデル(ピアソラ)※
落葉松
愛燦々
水鏡(長岡)※
フニクリ・フニクラ
乾杯の歌

※はヴァイオリンとギター

約1時間のプログラムです。結構ハードです。

私は娘が前日39度の熱を出して寝不足でヘロヘロでしたが
<水鏡>はなかなかよく弾けました。よく、というのは<自分では>、ということですが・・。

3人ともアレクサンダーテクニークのトレニーですから、本番というのは何よりの練習(アレクサンダーのワークについての)なんです。日頃のワークしているところを実践に如何に生かすか、は自分のことだけでなく、これからレッスンしていく立場であっても大変に勉強になるところです。

c0167359_12382138.jpg


ピアソラは先のカフェに加えてボーデルもやりました。
残りの2曲(タンゴの歴史)もやってみたいね、と話しています。

c0167359_12383263.jpg


さっきはふつうやったけど王子のうたっているところはこんな感じ(一番面白いやつを選んでみました)。

よよよよよ~♪

と声だしのときやってたので<それはいい方法なんですか?><これは母音が数種はいっていていいんですよ>などといいながら・・・・・こういう感じ?

プログラムの最後の曲、
ヴェルディの<乾杯の歌>の最後に<ブラーボ!!>などと声がかかるのは、やはりリッチ系やな・・(ふつう考えられない)。
そういえば敦子さんまえに弦楽四重奏で演奏した時も<ラデツキー行進曲>の手拍子が完璧やったって(ふつう考えられない)。

絵の話にしても、音楽の話にしても、なかなかに高い次元でのお話。恐れ入りました。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-10-21 13:14 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

<< みなさんありがとう 10月13日の発表会と台風の様... >>