松本先生のコンサート

c0167359_11571161.jpg


松本先生のコンサートに行ってきました。

会場は大阪城近くの日本福音ルーテル大阪教会で、多くのお客様で満席でした。

ラ ネージュを弾いてくださり、感激しました。
自分以外の人の公共での演奏を始めてききましたし、
当然テクニックは完璧ですからいろいろなことが勉強になりました。

それぞれが素晴らしかったけれど
アルベニスのタンゴ、バッハのシャコンヌと、段々充実していく様は
鼻水と涙で大変でした。

午前中、アレクサンダーテクニークのトレーニングで、<Non Doing>という概念について大きくステップアップしたように感じましたが(トレーニング開始から500時間くらい経過しています)、
松本先生のチラシにある<りすたあと>という表現がたまたま私にも違う意味であてはまり、
赤福の欄でちょっと引用させていただきましたが、<赤心>ということばにも通じているような気がして、
音楽やギターの素晴らしさと、さらに取組み方、人生に向き合う姿勢として、本当に師匠として尊敬できる方に、ギターを習うことができて私は幸運だなと思いました。

(元の意味はこの日は先生の還暦のお誕生日その日であり、先生ご自身ももう一度新たな気持ちでギターに取り組むという気持ちを表現されたことのようでした。)

どこまでも謙虚な松本先生。
心の師としてもこれからもよろしくお願いします。
[PR]

by pokapokatempo | 2014-06-08 12:19 | つれづれ | Comments(0)  

<< 年度末のプレゼンテーションテー... 本日のケーキ(マンゴーのレアチ... >>