ランニングを極める(アレクサンダーテクニーク関連本)

c0167359_1720417.jpg

私がランニングを始めるわけではありませんが、前から気になっていたのでこの本を購入。
アレクサンダーテクニークは器楽演奏者や舞台人はもちろん、何をやる人にも通じる<身体の使い方>を勉強するものなので、当然スポーツにもかかわってきます。要するに<パフォーマンス能力の向上>と思えばわかりやすいと思います。整体や体操ではありませんと何度説明してもなかなかわかってもらえないアレクサンダーテクニークですが、なにか読みやすいてほどきの本を読んでいただければ少し具体的になってきます。
c0167359_17244958.jpg


c0167359_17262100.jpg

一番読みやすいのはこの白い本です。アレクサンダーテクニークで何ができるのかがわかりやすく書かれています。青い本は最初に広まった本ですがなかなかにわかりにくい本です。同時に出ていればもう少しわかりやすかったでしょうに、と思います。

やりたいことができる自分になる

というのは誰もがもつ夢ではないでしょうか。そういう自分になるためにすこしずつステップを踏んでいくテクニック、と思っていただければよいと思います。
精神論とは無縁で、まず<からだ>という発想です。

先日のレッスンで私は小野先生に<あなたはアンドゥーヴァーよりアレクサンダーテクニークの方が向いていると思う。是非一度考えてみてほしい>と言われました。

来年アンドゥーヴァーエデュケーターズ(6時間の導入講座をもつことができる)の集中講座と資格試験を受けるつもりで勉強中ですが、アレクサンダーテクニークの講師は私には荷が重い、というのが正直なところです。やりたいのはやまやまなのですが・・・1680時間の受講(3年)と費用も高額です。
小野先生は後進を育てたら引退しようと思っておられるようですが、え?小野先生がおらんようになったら誰に聞いたらいいんやろ・・・まさかイギリスの本部?
まだまだギターでも先にやりたいことはいっぱいあるし・・。

しかしそれとは別の切り口で自分なりにコツコツ勉強しています。
問題は山積みですがいろんなものや経験をそろそろまとめていってもいいかもしれないと思っているところです。
[PR]

by pokapokatempo | 2013-04-26 17:34 | アレクサンダーテクニーク | Comments(0)  

<< 湯本香樹実の本 ランチに韓国料理を >>