二胡とギターのコンサート

c0167359_21153192.jpg

2012年7月14日阿倍野学習センター講堂で<二胡とギターのコンサート>を開催しました。
松居孝行氏(二胡)、長岡克己氏(ギター)のデュオは高知県から朝の便で到着。とんとんとんと段取りよく準備し、おにぎりを少し食べて本番。
この講堂は音響はいまひとつなのですが、今日は舞台を使わず横使いで初めてやってみたところいつもより響きがよい!舞台に上がるからいまいちだったのね、とひとり納得。

c0167359_21161960.jpg

プログラムは以下のとおり。
◆二胡&ギター
KAZEより第二楽章<アリア>(長岡作品)
太湖船(中国民謡)
水鏡(松居作品)
アメリアの遺言(松居編)
◆ギターソロ
白いワルツ(長岡作品)
七つの子(松居編)
B-Skip (松居作品)
◆二胡&ギター
紫陽花(松居作品)
水鏡(長岡作品)
月下の残像(松居作品)

アンコール
ゆうやけこやけ



c0167359_2116442.jpg

照明も楽譜が見える程度にうまくあたって舞台のような熱さがなく調弦も安定。雰囲気もサロンコンサートらしくなかなかよい。うちの教室の主催なので少しギターソロを多めにお願いします、と事前にリクエストすると真ん中にギターのプログラムをはさんでもらえました。

c0167359_21172914.jpg

松居氏の整頓されたお話と長岡氏のおとぼけトークが軽妙。いいバランスで後半どんどん調子が上がり休憩なしの1時間20分があっという間でした。おなじタイトルで各自が曲をつくるというアイデアも興味深く、松居氏の<リ・サフォン>という作曲時のペンネームが二人の娘さんの名前から来ていることも判明。

c0167359_21175020.jpg

二胡もギターも心静かな音楽が多いのですが静かなのに熱いという大人な音楽を堪能させていただきました。素晴らしい演奏に感謝します。そしてたくさんのご来場ありがとうございました。

せっかく大阪に来たのだから<こなもん>がたべたいというお二人と数名で千房で打ち上げ。おいしいといってくださいましたよ。次は公開レッスンです。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-07-16 21:44 | 過去の演奏会・催し | Comments(0)  

<< 公開レッスンの模様です(7月15日) 7月15日公開レッスンのスケジ... >>