パン焼き器よ

c0167359_10452248.jpg
スイッチオン!
すると<うう~んうんうん・・・・うん>といって停まる。


c0167359_10463262.jpg

1996年に購入した<National>のパン焼き器。
しばらく使っていなかったが自家製パンが久しぶりに食べたくなって(スーパーでパンを物色しても食べたいパンがみつからない)全粒粉やバターを自主配合してスイッチをおすと調子が悪いどころか停まってしまった。
修理に出そうにも何しろ古いもんで。
ついに寿命かな・・と思ったとたんいままで焼いたパンや食べたシーンなどが走馬灯のように浮かんでくる。<ありがとう・・長いことがんばってくれたなあ>。


c0167359_10525064.jpg

種を手で救いだし、いい加減にイーストを混ぜて発酵させる。

c0167359_10535640.jpg

適当に焼くとパンらしきものが出来上がった。味はまあ・・・まずくはないといった感じ。

白くて柔らかいパンも時にはおいしいが私はかたい目の塩味のパンを支持する。
果物も糖度の高いのがもてはやされるが私は酸味のある甘酸っぱいものが好きだなあ。
日本は何でもおいしいが自然の甘さや野趣ももっと取り入れたらいいのではないかと思う。
[PR]

by pokapokatempo | 2012-04-20 10:58 | つれづれ | Comments(0)  

<< ちょっとB’sの人みたいな先生 帰りにFANAへ >>