クスクス

c0167359_20212852.jpg10年ぶりくらいにクスクスを作ってみた。一応昔のメモをひっぱり出してきてスープを作り、トッピングは鳥もも肉とソーセージ。本当は羊の肉を使うとよりそれらしい(北アフリカの料理)感じになるがまあ日本風でよしとする。セロリなど香りのよい野菜を数種煮込んで作る。クスクス自体はもともとは粟などの穀物らしいが現代はパスタと同じ材料(小麦)で小さい粒に加工してある。同量の水を沸騰させサラダ油少々、クスクスをいれて軽く撹拌、5分ほど弱火で炊き、仕上げにバターを好みで溶かしながら混ぜる。塩少々するとそのままでもおいしい。これにトッピングと熱々のスープを好みでかけながら食す。ファンにはやめられない一品。パリではカルティエ・ラタンにクスクスの店が集まっており、よく食べた。とにかくお腹がいっぱいになる。最後に高々とポットから注ぐミントティーを飲むのがお決まりだ。
[PR]

by pokapokatempo | 2011-09-14 20:30 | つれづれ | Comments(0)  

<< マトリョーシカと焼き菓子と 本日のケーキ(ショコラーデン・... >>