イタリア珍道中③ 教会コンサート当日

c0167359_131688.jpg
2010年8月26日の夜9時半からコンサートがはじまる。なんて空間があってきれいな教会なんだろう・・。ギターやっててよかったな~などとおもいながらリハーサル。


c0167359_135862.jpg
9時半とチラシにあっても実際は15分遅れくらいに始まるのが常で、結局9時45分くらいからのスタート。こんな時間から人がくるのかと思っていたが案外満員だ。こんな遅くに演奏に集中しようという体内時計がまったく構築されていない私は・・


c0167359_143315.jpg
長岡氏のソロの待ち時間に強烈な睡魔に襲われ、(祭壇のちょうど後ろ側にスペースがありそこで控えている)天井を見て真剣に<神様助けてください!眠い!どうしよう!>と泣きそうになっていた。


c0167359_163071.jpg
8月26日は亡き父の誕生日だったので何かお祝いめいた気持ちで演奏しようと思っていたが緊張と疲れですっかり忘れていた。お父さんごめんなさい。でもなんとか無事に終わりました。それにしても年々父に似てくる私・・・。


c0167359_165786.jpg
やさしそうな神父さん。デリケートなギターの音楽をよく理解してくれ暖かく迎えてくださったことに感謝。きてくださった人々も遠い日本から来たプレイヤーに何度も拍手をおくってくれた。演奏したのは藤井眞吾氏の<はじまりの音楽>より、さくら、うみ、あんたがたどこさ、朧月夜、ソロはいつものとおり<ラ ネージュ>、メルリン、長岡氏の作品は<月下の残像>など。
マリーナさん一家や長岡氏のお弟子さんたちもきてくれて大変賞賛してくれ、なんだか気恥ずかしいが嬉しいコンサートだった。寝泊りしている講習会会場でもある研修センターに帰ったのは1時を過ぎていた。
[PR]

by pokapokatempo | 2010-09-07 01:22 | 過去の演奏会・催し | Comments(2)  

Commented by 熊猫 at 2010-09-22 14:53 x
長岡さんの目が優しい~~!
私を見る時と全然ちゃうやん。
Commented by pokapokatempo at 2010-09-23 01:12
熊猫さん コメントありがとうございます。調弦中の写真ですね~ギターを見る目はやさしいようですよ。私を見る時はもっと恐い・・・(注文も多い)。

<< イタリア珍道中④講習会会場 イタリア珍道中②マリーナさん一家 >>