高田裕子さんの個展

c0167359_1847445.jpg
画家、高田裕子さんの個展に行って来た。心斎橋のギャラリー永井というところで定期的に開催されている。(大丸前でばったりぽてちんさんに会う。偶然って面白いなあ・・・)
高田さんは大阪教育大学で学び、早くからその才能を認められそして今もどんどん進化している(リンクしている彼女のHPをぜひ見てほしい。YUKO TAKADA WORK という黄色い四角で作品の出来上がる工程を見ることができる)。
雑誌などで超絶技巧の若手、などと紹介されているが、時間を忘れさせる自然のシーンの切り取りが見るものをその技術で圧倒するというよりはむしろ、安らぎを感じさせるのだ。
<写真を撮らせてください>というと、<絵とのギャップがあったらいけないので遠目でお願いします>といって承諾してくれた。
ご本人ははかなげなお花のような人だ。

高田さんとはこのブログによくコメントをいただいているhirotsuguさんの紹介で知り合った。樹木の絵を多く描いている。
お会いした当時は大阪に住まわれていたが、今年から屋久島に移住され、ますますその感性を研ぎ澄まされている。<都会にいるより筆ははかどる>とのこと。
木との語らいがより深く身近になったのだろう。
これからも素敵な絵を送り出してほしい。
[PR]

by pokapokatempo | 2009-09-16 18:58 | つれづれ | Comments(2)  

Commented by ひろつぐ at 2009-09-17 08:51 x
僕は日曜に行ってきたんですがほぼ完売状態だったのでもっと価格をあげればいいのに〜と思いました☆
Commented by pokapokatempo at 2009-09-17 09:23
同感です。殆どに印ついてましたね。すごいことです。

<< いまさらですが 1Q84 を 読む >>