ぼんちゃん 2009

c0167359_19522225.jpg
今年もぼんちゃんがやってきた。
スペインのアルコイというところに長く滞在し、ギターと、民族楽器のドルサイナという笛を教えたり演奏したりして暮らしている。
今はスペインにいるが留学当初パリから入り、その時期1年間一緒に過ごした。当時はターニャ・シャニョーについてがんばっていたが、その後アルコイに移りホセ・ルイス・ゴンサレスに師事。いまや押しも押されもせぬりっぱなアルコイ人になっている。


c0167359_2015375.jpg

喫茶店でお互いに知っている人の消息などをきく。会ってない間にはいろいろあるから話しているうちに笑ったり泣いたりと気性の激しいヤツである。


Bamのケースにわけのわからない落書きをしている。 ホセ・ルイスが使用していたいいラミレスが入ってるらしいが、<これ書いてたら間違えへんし誰もよりつかんやろとおもて>

ぼんちゃん・・・だからって・・Bamにそれはちょっと・・・。

パリにいたとき彼は21歳。

あいかわらずのぼんちゃんです。
[PR]

by pokapokatempo | 2009-08-12 20:11 | つれづれ | Comments(2)  

Commented by ひろつぐ at 2009-08-12 22:36 x
>誰もよりつかんやろと

ええ、たしかに。
革命家(?)かなんかの武器に見えます(恐)
Commented by pokapokatempo at 2009-08-13 00:06
そうなんですよ~Bamのギターケース、背負うと高い位置になって武器っぽい。空港で押し問答になる確率が高いです。赤で握力(漢字まちがえてる)と入ってるとこなどキレてるし・・おまけに、アル・ヤンドてなんや!

<< 四国の旅 ③ 柏島 ごあいさつ >>